2019年春ドラマ

【わたし、定時で帰ります。】1話のあらすじ(ネタバレ)と感想「定時で帰る女・結衣vs仕事命の皆勤賞女・三谷!」

スポンサーリンク



ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第1話が2019年4月16日(火)に放送されました。

ここでは、「わたし、定時で帰ります。」第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

WEB制作会社で働くディレクター・結衣は無駄なくテキパキ仕事をこなし周りの目も気にせず毎日定時で退社していました。

そんななか結衣の同僚・三谷は新人・小泉に仕事に対する考えが甘いと説教を繰り返します。

それに嫌気がさした新人・小泉はやる気をなくしてしまい・・・。

わたし、定時で帰ります。
【わたし、定時で帰ります。】キャスト(出演者)紹介!吉高由里子主演ドラマ2019年4月スタートの注目ドラマのひとつが、TBS火曜ドラマ、吉高由里子さん主演の「わたし、定時で帰ります。」 現在、働き方改革...
わたし、定時で帰ります。
【わたし、定時で帰ります。】視聴率推移と分析!視聴者の評価評判は?(最新速報)BS系列・火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」が2019年からスタートします。 主人公の東山結衣(吉高由里子)は、過去のある出来...

【わたし、定時で帰ります。】1話のあらすじ(ネタバレ)

定時で帰る結衣

WEB制作会社で働くディレクター・結衣(吉高由里子)は、後輩たちとあるプロジェクトを成功させる。

仕事が終わりそそくさと帰ろうとする結衣。

そんな結衣に三谷(シシド・カフカ)が「打ち上げなどして後輩たちをねぎらわなくていいものでしょうか?」と尋ねる。

結衣はみんな早く帰りたいはずだと答える。

三谷は結衣が毎日定時で帰り、毎年有給休暇をフルで消費することが納得できず疑問を感じていたのだった。

急ぎ足で会社を出た結衣は、古い中華料理屋へ。

ビール半額のタイムセールの時間ギリギリで入店した結衣はビールを注文し小籠包を食べる。

これが結衣の至福の瞬間だった。

次の日、結衣は有給休暇を使い人間ドックを受けるため泊まり込みで鬼怒川の温泉地へ。

人間ドッグが終わると結衣は温泉。

その夜、結衣は種田(向井理)が本社に戻って来るという知らせを受けるのだった。

元カレ・種田が副部長に

有給休暇が終わり結衣は出勤。

その日も仕事を無駄なくこなしていた。

すると新しく部長に就任した福永(ユースケ・サンタマリア)と副部長に就任した種田がスタッフたちに挨拶するのだった。

その後、結衣・三谷・福永・種田で日本初上陸のエナジードリンクのPRサイトのコンペについて会議をしていた。

そして三谷が立候補し、この件の担当に。

結衣は三谷たちが仕事をする中、この日も定時で退社。

するとエレベーター前で種田と遭遇。

種田は結衣の元カレだった。

すると福永がやって来て結衣に「もっと頑張ろうよ。まだ仕事してる人いるんだし」と言う。

すると結衣は「私はこれ以上がんばりません。定時で帰ります。有給も好きな時に取ります。そうするって決めてこの会社に入ったんです」と笑顔で言いエレベーターに乗り込むのだった。

退社した結衣はそのまま恋人・匠(中丸雄一)の元へ。

そして二人で食事を楽しむのだった。

三谷と新人・小泉が揉める

次の日、結衣は仕事で急かされ忙しく過ごし階段から転げ落ちる悪い夢を見て覚める。

結衣が出勤すると、三谷が新人・小泉を叱っていた。

三谷は就業開始時間ギリギリに出勤してきたことを叱っていたのだ。

小泉は昨晩終電まで三谷の仕事に付き合わされ、さらに就業開始30分前には出勤しろと怒る三谷に納得できず反論。

しかし、三谷は社会人ならみんな通ってきた道だと話す。

すると小泉キレてしまいは「やってらんねぇわ…」とどこかに行ってしまうのだった。

その後、結衣と三谷は二人で話す。

そこで三谷は最近の新人は自分の頃とは仕事のスタンスが違うと話す。

そして新人・小泉に対して厳しくした方が良いと考える三谷と、褒めて伸ばすべきでは?と考える結衣は意見が合わないのだった。

その日の仕事終わり、結衣は急いでいつもの中華料理屋へ。

しかしビール半額のタイムセールに1分遅れてしまう。

するとその店に結衣の会社の先輩で今は双子を産み育休中の賤ヶ岳(内田有紀)が来ていた。

二人はビールで乾杯。

賤ヶ岳は少しでも早く子供を保育園に預けて仕事復帰したいと思っていた。

すると店主は常連客の一人が仕事のしすぎで亡くなったことを結衣に話す。

それを聞いた結衣は複雑な気持ちになるのだった。

三谷の過去

次の日、小泉は教育係の変更を希望。

そして小泉の教育係は結衣に、そして来栖(泉澤祐希)の教育係を三谷が担当することに。

その後、結衣は仕事関係の会社のパーティーに参加。

そこでお世話になったデザイナーが前の会社で三谷と同僚だったことが判明。

三谷は前の会社ではダメ社員で毎日説教をくらっていたのだったのだ。

三谷は再び小泉に仕事のことで説教。

その説教を小泉はウンザリした様子で聞くのだった。

すると次の日、結衣が出勤するとオフィスは何やら慌ただしい。

新人・小泉が三谷のパソコンのパスワードを変えてどこかに飛んでしまったのだ。

福永は三谷に小泉に頭を下げに行くよう言う。

三谷は何がダメだったのかと落ち込むのだった。

その後、結衣は小泉に電話しパソコンのパスワードを教えるよう言う。

小泉は三谷が謝罪してくれるならと言い電話を切るのだった。

その夜、匠とレストランで食事をする結衣は三谷のことが気掛かりでいた。

結衣は匠にそのことを相談。

すると匠は「会社は価値観の違う人の集まりだから面白い、食事に誘い話せばその人が分かるかもしれない」とアドバイスするのだった。

結衣が三谷の家へ

次の日、三谷は無断欠勤。

結衣は三谷が暮らす実家を訪ねる。

すると三谷はベッドで布団にくるまり泣いていた。

三谷はみんなに迷惑をかけ合わせる顔がないと落ち込んでいた。

三谷は自分の過去について話し、実力主義の今の会社に入った時に不安を感じていたことを明かす。

すると結衣は新卒で就職した前の会社でのことを話し始める。

そこで結衣は仕事を急かされ、月100時間残業して辛い毎日を送っていた。

入社半年の時、結衣は階段から落ち意識不明の重体に。

それをきっかけに結衣は誰にどう思われようと無理はせず楽に行こうと思うようになり、今の会社に入社したのだった。

そして種田も三谷の仕事を褒めていたことを伝えると三谷は布団から出てくる。

その後三谷は結衣が買ってきた中華がゆを涙を流しながら食べるのだった。

数日後、体調が回復した三谷は出社。

そして種田に迷惑をかけたことを謝罪。

すると賤ヶ岳が仕事復帰の報告をしに来る。

その後、結衣の元に愁(桜田通)から「福永は危険だから気をつけて」という内容のメールがくるのだった。



スポンサーリンク

【わたし、定時で帰ります。】1話の感想

会社で働いたことがある人なら誰もが共感できる内容でしたね。

自分は周りの目を気にしてしまうタイプなので、会社の規則で許されているからとはいえ、周りが残業する中、定時で帰る結衣は芯が強いなと思いました。

「日本は遅刻にはうるさいのに終業時間にはルーズ」という言葉には確かにそうだなと思わされました。

結衣が恋人・匠の家を訪ね一緒に食事する場面では、二人のラブラブで仲が良い感じが見ていて微笑ましかったです。

結衣は仕事で急かされ忙しく働き階段から転げ落ちるという悪い夢を見ていました。

これは結衣が社会人として働き始めた頃に実際に経験したことがフラッシュバックしていたのですね。

今は自分の仕事を無駄なくテキパキこなし定時に退社している結衣ですが、今のような働き方になったのには過去の経験が関係していたんですね。

三谷は新人・小泉のためにとあれこれ説教をしていましたが逆に小泉の仕事のやる気をなくしてしまう結果になっていました。

説教は尊敬する相手からでないといくら正しいことを言っていようと響かないと思います。

そういう意味では、小泉は三谷の働く姿を見て尊敬するという気持ちは生まれなかったのでしょう。

今回、三谷は自分の働き方について見直すことができましたが、飛んだ小泉については解決ぜずに終わったのが気になりました。

また結衣に度々情報提供をしていた愁は何者なのでしょうか?



スポンサーリンク

【わたし、定時で帰ります。】1話の評価評判

ドラマ【わたし、定時で帰ります。】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)やTBS FREEで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

TBS FREEで無料視聴する

放送から1週間以上経過している場合、Paravi(パラビ)で無料視聴できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【わたし、定時で帰ります。】1話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

まとめ

Twitterを見てみるとそれぞれ色々な面で共感できるとの声が多かったです。

この役どころに共感できるというポイントは見る人によって違うみたいです。

次回は、今回少し登場した結衣の先輩で新人時代の教育係・賤ヶ岳が育休からが職場復帰するみたいです。

しかし、復帰早々やる気のある賤ヶ岳は大きな仕事の担当になったものの仕事でトラブルが発生。

さらには子どもが熱を出すトラブルも重なるということで、次回はワーキングマザーの仕事と家庭の両立が大きなテーマになりそうです。



スポンサーリンク