2019年春ドラマ

【執事 西園寺の名推理2】最終回(8話)のあらすじ(ネタバレ)と感想「西園寺(上川隆也)が撃たれる!!」

スポンサーリンク



ドラマ「執事 西園寺の名推理2」最終回(8話)が2019年6月14日(金)に放送されました。

ここでは、「執事 西園寺の名推理2」最終回(8話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

前回の7話では、現場に行かずとも殺人事件を見事解決した執事・西園寺一(上川隆也)。

そしてついに、西園寺の過去が明かされ…?

執事 西園寺の名推理2
「執事 西園寺の名探偵2」キャスト(出演者)紹介!上川隆也演じるパーフェクト執事が1年ぶりに帰ってくるあのパーフェクトな上川隆也執事が1年ぶりに帰ってくる! 「フルーツ宅配便」や「デザイナー渋井直人の休日」「孤独のグルメ」など他の局...

【執事 西園寺の名推理2】最終回(8話)のあらすじ(ネタバレ)

殺人事件の重要参考人となった執事・西園寺一(上川隆也)の亡き婚約者・山崎美鈴の妹である山崎和歌子(観月ありさ)。

18年前の美鈴が亡くなったときの担当の刑事・守屋が公園で何者かに殺され、数時間前の犯行現場の防犯カメラには和歌子と守屋が一緒にいた姿がうつっていました。

凶器が見つかっておらず、何かで首を絞められ殺害された守屋は、一年前の未解決であるチェリスト殺人事件の犯人を追っていました。

この事件とつながっているかもしれないと考えた西園寺は、早速音大に行き、一年前に殺されたチェリストの一人娘・ひなのと音大講師の柿崎友介(飯田基裕)に話を聞きます。

チェリストだった父親が家で殺され、第一発見者だったひなの。

殺人のあった日、父親は誰かともめていたのは聞いていましたが、犯人の顔は見ていません。

楽器が保管されたドアのドアプレートが無くなっていたことを不審に思うひなのは、警察にそのことを話していました。

しかし何者かにその供述がもみ消されていることを西園寺は気が付きます。

次に守屋の家を捜索した西園寺は、「和歌子が危ない!」と、倉庫に向かいます。

格闘する西園寺

その頃、和歌子は殺された守屋が握っていた紙に書かれた倉庫に来ていました。

そして黒ずくめの男が現れます。

男に銃を向けられ発砲された瞬間に、西園寺が飛び出してきて和歌子の代わりに撃たれてしまいました。

倒れた西園寺ですが再び起き上がり、必死で犯人を追いかけます。

そして正体を現した犯人は、捜査一課の久保でした。

しかし久保は守屋を殺してはおらず、共犯者から金をもらい、ドアプレートの証拠をもみけし、和歌子も殺そうとしていたのでした。

久保の共犯者を見つけるために、またしても推理を始めた西園寺。

次にひなのの父親が殺された現場に向かい、楽器が保管されていた場所へ行く西園寺は、チェロの弓を見て一つだけイミテーションがあることを不審に思います。

西園寺は音大講師の柿崎とひなのを呼び出しました。

一年前、犯人が楽器の保管された部屋から貴重な弓を盗み、偽物とすり替えて、ひなのの父親を殺したと推理する西園寺。

そしてその貴重な弓を盗んだのは、柿崎だと断定します。

貴重な弓をどうしても欲しかった柿崎は、楽器の保管された部屋に忍び込み、その時にドアプレートを壊してしまいました。

しかし弓を盗んだことがばれてしまうと思い、久保を使って証言をもみ消した柿崎。

守屋を殺したのも柿崎です。

執事として働く西園寺

犯人が見つかり、西園寺は再び伊集院家の執事として家に戻ってきました。

美鈴を亡くし辛かった西園寺は、いまでも辛い気持ちを引きずって生きていることを和歌子に話します。

辛くても生きて行くことを選んだ西園寺の話を聞いて、納得した和歌子はイギリスへと帰って行きました。

そして平凡な日々が戻ってきた伊集院家では、伊集院百合子(吉行和子)が新しい懐中時計を西園寺に渡します。

百合子の亡き夫からもらった懐中時計のおかげで、銃に撃たれても平気だった西園寺。

これからも奥様と一緒に、時を刻んでいくことを約束するのでした。



スポンサーリンク

【執事 西園寺の名推理2】8話の感想

銃で撃たれた西園寺を見て「もうだめか…」と思いましたが、まるでサイボーグのように起き上がり、犯人を捕まえた西園寺。

格闘シーンがかっこよく、今回は少々手荒な西園寺でしたが、それはそれで素敵でした。

チェロを弾く姿も様になり、逆に西園寺にできないことを見つけたいくらいです。

そして平凡な日々が戻ってきた伊集院家に、メイドの前田美佳(岡本玲)が海外から帰って来ました。

かわいい美佳を見て、一気にテンションが上がる新人執事の松本松五郎(森永悠希)。

これではいつまでたっても、一流の執事・西園寺のようにはなれません。

奥様に永遠の忠誠を尽くす執事・西園寺。

西園寺のセリフ「私はあなたの執事ですから」をもう聞けないのかと思うと、残念で仕方がありません。

そして刑事・丸山(佐藤二朗)さんとの噛み合わない二人のやり取りが見れないかと思うと、とても寂しいです。

西園寺は亡き婚約者を心から愛しており、それは今でも変わらずこれからも変わりません。

奥様が亡き夫を愛する姿と重なりました。

旦那様を亡くされた奥様を支えてきた西園寺ですが、西園寺も婚約者を亡くし奥様に支えられていたんだと思います。

だからこそ、西園寺が奥様に忠誠を誓うのがよくわかります。

これからも奥様と一緒に時を刻んでいく西園寺や奥様、松本松五郎たちに、いつかまた会えると信じています。



スポンサーリンク

ドラマ【執事 西園寺の名推理2】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)で無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

放送から1週間以上経過している場合、Paravi(パラビ)で無料視聴できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【執事 西園寺の名推理2】最終回(8話)を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【執事 西園寺の名推理2】最終回(8話)の評価評判

まとめ

今回のシリーズも面白く、次回のパート3に期待する声が多かったです。

何事も完ぺきにこなし、奥様への忠誠心が半端ない西園寺。

今度はどんなことをしてみんなを驚かせてくれるのか、今からワクワクしてきます。

いつかまた、素敵な西園寺に会えると信じています。

その日を期待し、楽しみにしています。



スポンサーリンク