2019年夏ドラマ

【ノーサイド・ゲーム】9話のあらすじネタバレと感想!君嶋の前に現れた真の敵とは!?

スポンサーリンク



ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第9話が2019年9月8日(日)に放送されました。

真実を突き止めた君嶋の前に現れた真の敵とは、一体誰なのでしょうか。

ここでは、「ノーサイド・ゲーム」第9話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」見逃しても1話から最新話まで動画を無料で視聴する方法!ドラマ「ノーサイド・ゲーム」を見逃しても無料で全話視聴できるサービスを紹介します。初回の方は、登録しないと損なサービスです。...
ドラマ【ノーサイド・ゲーム】あらすじと原作小説ネタバレ!ドラマ「ノーサイド・ゲーム」は、池井戸潤さんによる小説が原作となっています。 ここでは、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の各話のあ...

【ノーサイド・ゲーム】9話のあらすじ(ネタバレ)

隠されたい事実

カザマ商事の買収プロジェクト会議が始まり、社長の島本博(西郷輝彦)も参加しました。

滝川桂一郎(上川隆也)が買収話を説明していると「よろしいでしょうか」と、脇坂賢治(石川禅)が立ち上がります。

すると君嶋が部屋に入ってきて、タンカー事故の件を話しました。

事故の原因がカザマ商事のバンカーオイルと訴えますが、滝川は問題ないと主張します。

君嶋は報告書が偽造データだと明かして、更に調査した教授に社長の風間有也(中村芝翫)が現金で3億円を渡していたと口にしました。

青野宏(濱津隆之)からの証言を聞いた滝川は笑い始めて、青野の事を否定し始めます。

「あり得ない」と立ち上がった滝川に君嶋はある書類を出しました。

それは3億円の受領書の写しだったのです。

そして、「カザマ商事はもうお終いなんです」と君嶋が言うと、滝川は叫びました。

島本の提案で1から調査し直す事になって、買収話は白紙になります。

その後、滝川は関連会社に異動になり、常務取締役には脇坂が就任しました。

一方、アストロズはプラチナリーグの開幕戦を迎えます。

チームは勢いに乗り、相手チームを圧倒しました。

新チームは七尾圭太(眞栄田郷敦)を中心に、大差で勝利を収めます。

その後、行きつけの居酒屋で打ち上げをして、盛り上がりました。

開幕戦以降も勝ち続けて、宿敵サイクロンズと優勝争いをします。

本当の敵との遭遇

本社で脇本の元を訪れた君嶋は、ラグビー部の事を話します。

チームの勝敗ではなく、収益を問われて答えると予算縮小を突き付けられました。

君嶋は必死で説得を試みますが、脇坂はラグビーの存続を否定します。

「あんなお荷物集団」とこれ以上存続する意味がないと驚きの発言をして、本性を現すのです。

リーグ戦も終盤になり、七尾はマークされながらも成長していました。

しかし、試合中にラックに行かない七尾に浜畑譲(廣瀬俊明)の指示を出します。

立ち尽くす彼は以前に怪我していた時の事を思い出して、動けずにいました。

その異変はスタンドにいた柴門琢磨(大谷亮平)も気付きます。

チームはなんとか逃げ切り、勝ちを収めました。

その後、次の試合のブレイブス戦に向けて作戦会議をします。

ジャッカルを得意とする相手の対策を話し合いました。

参加していた君嶋は脇坂から連絡を受けて、本社に再び向かいます。

次の取締役会でラグビー部の在り方について話をすると脇坂は口にしました。

更に来季は予算を半分だと伝えると、君嶋はチケットや広告収入が増えていると反論します。

アストロズの今期の結果に左右されず、最終的にはラグビー部を廃部するとの意向を耳にしました。

それぞれが立ち向かう

グラウンドで選手達の練習を見ていた君嶋は、負傷した浜畑を心配して声を掛けます。

すると何かあったのか尋ねられて、チームを集めて事情を説明しました。

君嶋は「本当にすまない」と頭を下げると、浜畑や岸和田徹(高橋光臣)は逆境に負けない言葉を口にします。

その姿に君嶋も覚悟を決めてラグビー部を守る事を約束しました。

柴門からブレイブス戦のオーダーが発表されて、七尾がスタメンを外れます。

試合当日、スタメンが浜畑で観客席は動揺しました。

試合が始まり、苦しい展開から相手にトライを決められます。

浜畑は大人数でも必死で立ち向かっていきました。

スタンドでは柴門が七尾の弱点を指摘して、前試合でのラックに入る勇気がなかった事を明かします。

すでに怪我は治っていても、今の状態では次のサイクロンズは出せないと話しました。

一進一退のまま、前半が終了しますが、奮闘を見せた浜畑の膝の調子は良くありません。

七尾は声を掛けて、交代する事を伝えます。

浜畑は怖い気持ちがあると弱音を漏らしますが、「俺は勝つ」と言い張りました。

後半の試合は均衡状態が続き、観客席の声援も熱が入ります。

浜畑は果敢にタックルを仕掛けて捨て身で守り続けました。

そこからボールを取り返して、カウンターからパスを繋いで浜畑がゴールを決めます。

観客席では浜畑コールが起こり、その後逆転をして勝利を収めました。

会場を後にしようとする君嶋は滝川の姿が目に入り、声を掛けます。

「値段以上の良い試合だった」と言い、2人は脇坂の話をし始めました。

君嶋は滝川が全てに対してフェアだったと口にします。

滝川は父親がラグビーをしていた事を明かして、生活が苦しかった事を話しました。

生活費を稼ぐのに必死だった滝川は大学で風間と出会い、嫌みな言葉や態度を取られていた事を明かします。

見返した気持ちがあった彼でしたが、ラグビーの良さやオイルの詳しい調査の件を褒めました。

資料に入っていた銀行の証拠の話になると君嶋は身の覚えがなりません。

そして、2人は仕組んだ人間が脇坂だと気付いたのです。

その場を去ろうとする滝川は「1つだけ言っておく」と府中工場に飛ばした人物は自分ではないと伝えました。

驚いた君嶋は「じゃあ、一体誰が」と考え、「まさか」と脇坂だと知ります。

落ち込む君嶋に「負けるな」と声を掛けて、滝川は去っていきました。

最後の戦いに挑む

信頼していた上司の裏切りに君嶋は落胆します。

グラウンドに足を運ぶと七尾がコーチから特訓を受けて居残り練習をしていました。

自分を乗り越えようとしている七尾の様子を柴門や浜畑は見ます。

君嶋は「柴門」と声を掛けて、「生きていくのは辛いな」と口にしました。

信じていた人が敵だったと涙を流します。

今まで皆から勇気をもらってきた君嶋は「今度は俺の番だ」とアストロズを全力で守ると誓いました。



スポンサーリンク

【ノーサイド・ゲーム】9話の感想

カザマ商事の買収話に待ったを掛けるために君嶋は資料を持って会議に乗り込む姿は逞しかったです。

滝川は反論しますが、今回ばかりは立場が悪くて君嶋の意見が通る事になって、買収話は落ち着くかと思いました。

しかし、脇坂が常務になって態度を変えたのには驚きました。

君嶋が一番信頼していた上司の予期せぬ裏切りは信じられません。

脇坂は君嶋の良き理解者だったはずですが、変貌してしまうとは意外です。

滝川にライバル視していた脇坂にとっては、自らの願いが叶ったのかもしれません。

アストロズはプラチナリーグが始まり、新チームは七尾を中心に勢いがあって安心しました。

控え組になった浜畑は見事にチームをまとめているようで、流石だと感じます。

ある試合で七尾の弱点が明らかになりましたが、柴門の思い切った決断には驚きました。

浜畑は久しぶりのスタメン起用でしたが、怖さに負けずに相手に立ち向かっていく彼の姿勢は逞しいです。

七尾も浜畑の姿に刺激を受けていたので、特訓をして弱点を克服して欲しいです。

次回は最終回を迎えて、君嶋とアストロズは宿敵との対決を控えています。

見事に勝利を収めて有終の美を飾る事を期待したいです。

数々の試練を乗り越えてきた家族に待ち受けている結果が気になります。



スポンサーリンク

ドラマ【ノーサイド・ゲーム】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)やTBS FREEで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

TBS FREEで無料視聴する

放送から1週間以上経過している場合、Paravi(パラビ)で無料視聴できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【ノーサイド・ゲーム】9話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【ノーサイド・ゲーム】9話の視聴者の声

まとめ

滝川の買収話を阻止しましたが、脇坂が本当の敵だったとは意外でした。

君嶋は最も信頼していた上司の裏切りは辛かったはずです。

次回は最終回なので、期待する声が多く上がっています。

いよいよ最終決戦を迎えて、どのような結末が待ち受けているのでしょうか。

次回も見応えのある展開に注目しましょう。



スポンサーリンク