なつぞら

朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!

2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。

連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっています。

ここでは朝ドラ「なつぞら」を見逃してしまった方のために、再放送時間や動画配信を無料視聴する方法をご紹介します。

1話から最新話までフルで動画を視聴したい場合は、U-NEXTがオススメです。

下のリンクからU-NEXTに新規登録すると、登録特典として1,000円分のポイントが貰えます!
(なつぞら1話分につき108円必要なので、見逃し配信動画を9話分すぐに見れてしまいます。)

U-NEXT公式ページを見てみる >
無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。解約も簡単にできます。

朝ドラ「なつぞら」通常放送時間

なつぞらの通常の放送時間は下記のようになっています。

【NHK総合テレビ】
午前8時~8時15分(月曜~土曜)

【BSプレミアム】
午前7時30分~7時45分(月曜~土曜)

BSプレミアムのほうが、NHK総合テレビよりも30分早く放送しています。

朝ドラ「なつぞら」再放送の時間はいつ?

気になる再放送の時間帯ですが、下記のようになっています。

【NHK総合】
午後0時45分~1時(月曜~土曜)

【BSプレミアム】
午後11時30分~11時45分(月曜~土曜)

一週間分
午前9時30分~11時(土曜)

週の途中で見逃してしまっても、土曜日にBSプレミアムで一週間分(90分)放送してくれるので安心です。

ダイジェスト版について

NHK総合では、一週間分のダイジェスト(なつぞら一週間)が
午前11時~11時20分(日曜)
に放送されています。

また日曜の
午前5時45分~5時50分と午後5時55分~6時
には、「5分で『なつぞら』」というさらに短縮化されたダイジェスト版が放送されます。

「5分で『なつぞら』」は、「どーがレージ」というNHKのミニ動画を視聴できるサイトやYouTubeのNHKチャンネルで、いつでも視聴できます。

いますぐざっとあらすじだけ知りたい方には、便利ですね。

以下がリンクです。

どーがレージ

YouTubeのNHKチャンネル

朝ドラ「なつぞら」を1話からフルで動画を視聴したい場合

見逃してしまって、もう再放送をやっていない。ダイジェスト版ではなくフルで1話(初回)から見たい。

という場合は、U-NEXTもしくはNHKオンデマンドで視聴することができます。

U-NEXTでは、朝ドラ「なつぞら」はポイント作品(1話視聴するのに108円分のポイントが必要)となっています。

そしてU-NEXTは、下のリンク(NHKオンデマンドに興味がある方専用の申し込みページ)から新規登録すると、加入特典として通常は600円分のポイントのところ1,000円分のポイントが貰えます!

U-NEXT公式ページはこちら
(登録・解約も簡単にできます。)

ちなみに通常の申込みリンクはこちらです。
U-NEXT公式ページ(通常申込みページ)
(下の方に加入特典600ポイントの記載があります)

貰った1000ポイントを使って最大9話分がすぐに視聴できるということです。

 

また、NHKオンデマンドでは特選見放題パックに登録すれば、月額972円(税込み)で朝ドラ「なつぞら」が全話見放題となります。

このNHKオンデマンドですがU-NEXT経由で登録したほうが断然お得です。

U-NEXTの新規登録時に貰った1000ポイントを、特選見放題パックの利用料金月額972円(税込み)に当てることができます。

さらにU-NEXTは31日間のお試し期間が終了後、無料期間後には毎月1200ポイント貰えるのですが、このポイントをNHKオンデマンドの特選見放題パックにも利用することができるんです。(U-NEXTの月額料金は必要です)

つまりU-NEXTの月額料金1990円(税抜き)で、U-NEXTの見放題サービスとNHKオンデマンドの見放題サービスの両方を楽しむことができます。

そして下のリンクから新規登録すると、加入特典として1000円分のポイントが貰えます。(通常は600ポイント)

ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページはこちら
無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。解約も簡単にできます。

U-NEXTの特徴

U-NEXTは、31日間無料のお試しトライアルを実施中です。
しかも無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

動画配信数も15万本と圧倒的です。

国内ドラマだけでなく、海外ドラマ・映画・アニメ・バラエティ番組も充実しています。
さらに雑誌70種類以上が読み放題となっています。

登録時に1000ポイント(通常お申込みリンクは600ポイント)、さらに無料期間後には毎月1200ポイント(1ポイント1円換算)が貰えるので、ポイントを使って有料コンテンツ(新作映画や漫画など)を楽しむこともできます。

朝ドラ「なつぞら」はポイント作品となるので、登録時の1000ポイントを使って見逃し動画をいますぐ9話分見ることができます。

そして、前述のようにU-NEXT経由でNHKオンデマンドの特選見放題パックに登録すれば、月額972円(税込み)に毎月貰える1200ポイントを当てることができ、朝ドラ「なつぞら」が全話見放題となります。
(※U-NEXTの月額料金1990円(税抜き)は必要です。)

U-NEXT公式ページはこちら

U-NEXTで配信中の作品例(最近の国内ドラマ)

  • ミストレス(長谷川京子主演・2019年春)
  • 東京独身男子(高橋一生主演・2019年春)
  • スパイラル 町工場の奇跡(玉木宏主演・2019年春)
  • パーフェクトワールド(松坂桃李、山本美月主演・2019年春)
  • 私のおじさん~WATAOJI~(岡田結実主演・2019年冬)
  • よつば銀行 原島浩美がモノ申す!(真木よう子主演・2019年冬)
  • ハケン占い師アタル(杉咲花主演・2019年冬)
  • 後妻業(木村佳乃主演・2019年冬)
  • リーガルV(米倉涼子主演・2018年秋ドラマ)
  • 僕らは奇跡でできている(高橋一生主演・2018年秋)
  • ハラスメントゲーム(唐沢寿明主演・2018年秋)
  • 義母と娘のブルース(綾瀬はるか主演・2018年夏)
  • ラストチャンス 再生請負人(仲村トオル主演・2018年夏)
  • 高嶺の花(石原さとみ主演・2018年夏)

など(※2019年9月時点)

また、U-NEXTはNHKの作品が充実しているのも特徴です。

U-NEXTで配信中の作品例(NHKドラマ)

  • なつぞら(朝ドラ)
  • まんぷく(朝ドラ)
  • 半分、青い。(朝ドラ)
  • わろてんか(朝ドラ)
  • ひよっこ(朝ドラ)
  • べっぴんさん(朝ドラ)
  • 西郷どん(大河ドラマ)
  • おんな城主直虎(大河ドラマ)

など(※2019年9月時点)

 

U-NEXTの特徴まとめ

31日間の無料お試し期間あり
お試し期間中に解約すれば、料金は一切不要
登録時に1000ポイント、無料期間後には毎月1200ポイント貰える(1ポイント1円)
・業界TOPの動画配信数(15万本以上)
・さらに70種類以上の雑誌が読み放題

U-NEXTは無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。登録・解約手続きも簡単なのでこの機会にぜひ試してみてください。

U-NEXT公式ページはこちら

※2019年9月時点の情報です。配信状況など詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトを使っての視聴は辞めたほうがいい理由

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

などの動画共有サイトでも見逃し動画を視聴できる可能性はあります。

しかし、これらのサイトはドラマや映画を違法でアップロードしているので次のようなデメリットがあります。

動画共有サイトのデメリット

・画質、音質が悪い
・広告が多く、ストレスになる
・動画は急に削除されるので全話見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険

また、You Tubeには朝ドラ「なつぞら」はアップロードされていません。
たとえアップロードされたとしても違法なのですぐに削除されるでしょう。

安全に高画質・高音質で朝ドラ「なつぞら」を視聴するならU-NEXTがおすすめです。

無料登録後、1ヶ月以内に解約すれば料金は一切かかりません。

登録、解約も簡単にできます。

U-NEXT公式ページはこちら

「なつぞら」初週を終えて(なつの子供時代) 視聴者の感想

ガランドさん(40代女性)
ガランドさん(40代女性)
このドラマの一番良いと思う所は、1人1人の心模様を無理無く丁寧に丁寧に描いているという事です。

孤児となって悲惨な暮らしぶりをして来たなつが、心優しい柴田家に引き取られ、すんなり溶け込んでいってもドラマなのでおかしくはないところですがしっかりと描かれています。

ちょっとしたきっかけで家族を思い出すというシーンも嫌みがなくさりげなく入っていていいなと思いました。

また突然同い年の女の子と暮らす事になった複雑な夕見子の胸のうちもよく描けています。

一度はなつを受け入れたけどやっぱりまだ複雑だという気持ちや、なつに素っ気ない言葉を言われて腹を立てる子供らしい所など、色んな感情が絡んで揺れ動く気持ちまで描かれているのには感心しました。

それからやはり草刈正雄さんの渋い演技と主演の粟野咲莉ちゃんの名演技も見逃せません。

特に2人でアイスを食べるシーンで、泰樹(草刈正雄)が「もう無理しなくていい、堂々としていろ」と、感動的なセリフを言った直後、ここぞという所でなつ(粟野咲莉)が涙を流すのですが、このシーンがとても印象的でした。

無理の無い話の展開で、心理描写が上手なドラマだと思います。見る価値ありだと思います!

ゆゆゆゆゆんさん(30代女性)
ゆゆゆゆゆんさん(30代女性)
1週間見てみて、まず圧巻なのが北海道ならではの十勝の景色と動物たちの映像です。

その中で、なっちゃんがどのように成長していくのか非常に楽しみです。

戦争孤児がアニメーターを目指すというけっこうベクトルが逆方向なので、北海道編と東京編それぞれ楽しめそうです。

この最初の1週間では、子役のなっちゃんがとても表情豊かに演技をしていました。

十勝での新しい暮らしが始まり不安そうな顔や、牛の出産シーンを見て感動する顔、学校で絵をかく少年と話して目を輝かせる顔とても豊かで見ていて感情移入できました。

草刈さんとのシーンは思わず涙してしまったほどです。これから生き生きと行きていってほしいです。

東京に帰りたいと愚図る来週からも目が離せないと思いました。

ゆうさん(40代女性)
ゆうさん(40代女性)
戦争孤児になってしまった小学3年生のなつが兄妹と離れ北海道で生活していく上で柴田家の人々が支えながらも寂しさを抱えながら逞しく生きていくところに応援したい気持ちで視聴しています。

北海道が舞台という事でTEAM NACS の音尾さん、安田さん、戸次さんも出てきてらしさを感じています。

最初おじいさんの泰樹さんが怖くてどうなるのかと思ったら、なつの気持ちの一番の理解者だったんだなと思いますしとにかく草刈正夫さんがカッコいい!

柴田家の照男も夕見子も困惑しながらもなつの事を徐々に受け入れて関係性を作っているのでこのまま東京のお兄ちゃんが迎えに来るのを待って生活していくのかと思ってたのに家出してしまって大丈夫なのととても心配しています。

大自然の十勝の景色や酪農の雰囲気もとても新鮮に映りました。

ぶたどんさん(40代男性)
ぶたどんさん(40代男性)
まず目を引くのが、北海道の広大な大地ですよね。

北海道はでっかいどーっていうダジャレがありますけど、それを映像で改めて認識することができます。

オープニングで、なつが絵を描いていましたが、そこから広がる光景は見渡す限りの草原と森林、そして山々でした。こういう風景を体験できるのって、日本ではやはり北海道だけでしょうね。

なつぞらは、まだ第一週ということで導入の段階ですが、なつが北海道に来た理由。そして、アニメータになりたいという動機への片りんが少しだけ描かれていました。

同じく、東京から十勝へと移住してきた山田天陽が、ノートの隅に描く馬の絵。この絵が偶然にパラパラ漫画になって、生きて動いているように見えたこと。

これが、なつのその後の人生に大きな影響を与えるんでしょうね。

おじいさん役の草刈正雄さんの演技も素晴らしく、厳しいながらも優しいという姿が見事でした。なつの子供時代を演じている粟野咲莉さんの演技も素晴らしいですね。

柴田家の人たちが面倒を見てくれるとはいえ、なつはやっぱりさみしいと思います。兄からの手紙が一向に来ない事に、不安感と寂しさを感じたなつ。

牧場からにげだしてしまいますが、大丈夫なのでしょうか。北海道は、半端ない広さです。子供じゃなくても荒野に一人では命の危険がありますからね。

ここから、なつがどうやって大人へと成長していき、そして、アニメータへの道を目指していくようになるのか、今後が楽しみです。

とかちバンザイさん(50代女性)
とかちバンザイさん(50代女性)
これまで、朝の忙しい時間の連ドラは敬遠しがちでした。

ゆかりある十勝地方の話で、ロケも北海道ということでどんな話か分からずチラ見してみたところ、思いっきりはまる羽目になりました。

主人公のなっちゃんは、戦争孤児3人兄弟の真ん中の子で、路上暮らしのような日々から血のつながりもない他人に助けられます。

東京都と北海道と兄弟バラバラに暮らし、一生懸命頑張っている姿がけなげです。

戦時中・戦後は、みんな自分たちが生きていくのがやっとで、血のつながりのある親戚にでさえイジメられたという話も聞きますが、なっちゃんを救ってくれたお家では兄弟の将来を考え籍にこそ入れないものの、実子のように育てています。

厳しい?おじいちゃん役の草刈正雄さんがいい味だしていて、なっちゃんとの掛け合いも見る楽しみの一つです。

戦後の激動の日本を、違う角度から知ることもできる番組だなと思いました。

aaさん(30代女性)
aaさん(30代女性)
第1週目を見ましたが、とても面白いです。登場人物それぞれがいきいきと描かれていて、繊細な心の動きも表現されていました。

子役たちの演技がまた素晴らしく、子どもたち一人一人が個性を持っており、1人の人間として描かれたキャラクターを丁寧に演じていると思います。

北海道・十勝の風景も素晴らしく、主題歌のスピッツの曲とアニメのOPがとても合っていてすごく好きです。

頑固なおじいさんを演じている草刈正雄がとても良く、なつの子ども時代を演じている子もぴったりで、松嶋菜々子、藤木直人と配役もみんな合っていて良いです。

物語は戦後で戦災孤児となったなつが赤の他人である柴田家にもらわれるところから始まり、家族を亡くして生きるために必死だったなつを思うと苦しくなります。

なつは柴田家にも気を遣って、遠慮して生きていて、周りの人たちがなつを受け入れようとしている暖かさに泣けてきます。

これからどうやってなつが成長していくのか、これからのストーリー展開がとても楽しみです。

miuranranさん(50代女性)
miuranranさん(50代女性)
オープニングのアニメにはびっくりさせられました。

まるでジブリのようなかわいいアニメと、スピッツのスピッツらしい優しい雰囲気の主題歌は気に入っています!毎朝見るので、オープニングの雰囲気は重要です。

戦争で、幼い子供が親を亡くすという辛い状況からのスタートに胸が痛みましたが、北海道の景色が、視聴者も癒してくれている気がします。

子供だけで生きてきた環境からか、ともすれば子供らしくなくて、かわいくなく見えてしまったりするなつ。

急に一緒に暮らすことになって、嫉妬のような感情を覚えている柴田家の子供達。

人助けだからとか、子供だから素直なはずとかいうキレイ事だけで子供達を描いていないのが、リアルでいいと思う。

これまでの放送で印象に残った人物は、草刈正雄さん演じる柴田家の頑固じいちゃん。

彼の開拓者として背負ってきた思いとか歴史とか、多く説明しなくても伝わってきて心に響きました。

何より、草刈正雄さんの演技は、重厚感があって、とてもいいです。朝ドラで久しぶりの男性のナレーションも、なかなか良いなと思っています。

parapiさん(30代女性)
parapiさん(30代女性)
戦争の恐ろしさや辛さ、人間の強さを感じられるドラマです。

戦争で親を亡くし戦争孤児として生きてきた主人公・なつに手を差し伸べてくれた藤木直人演じる役とともに北海道へ来たなつは、誰よりも大人に見えました。

言いたいこともしたいことも我慢して、子供らしさがないなつを見ていると毎回胸が痛くなります。

なつが来た家にいた、とっつき難い頑固な草刈正雄演じる役とのシーンで、なつの辛抱を知ってか誰もいないところでそっと無理をせずどうどうと生きろと語り掛けていた言葉ひとつひとつに朝から涙が止まりませんでした。

開拓者として苦労したきたからこそ言える言葉なんだろうと思いました。

学校へ通い始めても自分のことを嘘偽りなくなつが話すシーンでは、なつの芯の強さを感じました。

今後も、なつにはまっすぐに生きてほしいと願うばかりです。

イカロスさん(30代男性)
イカロスさん(30代男性)
この作品は、なんといっても大好きな北海道で、しかも牧場が舞台で牛を世話するということで、始まる前から期待していましたが、今まで見た感想は、とても面白いと思います。

大自然で生活して、偏屈なおじいさんが登場するということで、なんとなく世界観やストーリー進行が「アルプスの少女ハイジ」を連想させます。

そして、なんといっても偏屈なおじいさん役の草刈正雄さんが、良い味を出していると思います。

最初から、どことなく優しさがにじみ出ていましたが、長靴を買ってやったり、アイスを食べさせたりと、最近はなつに対して優しさが爆発していると思います。

なつ役の子役も表情豊かな感じで演じていて、とても良いと思います。

久しぶりに良い朝ドラが始まった感じがします。

たけちゃんさん(30代男性)
たけちゃんさん(30代男性)
とにかく泣けます。なつの生きるための必死さが伝わってきて、同じ年代の娘を持つ親としては見ているのも辛い時があります。

ただ、周りの大人たちの優しさが救いです。

剛男と富士子の「なつを自分の娘として育てる」という気持ちは尊いものです。

牛舎で働く悠吉や菊介、郵便局員の方の柔らかい眼差しや思いやりはこちらの気持ちをホッとさせます。

何より一番特記したいのは、やはりおじいさんの泰樹です。寡黙ながらも心の中に強く思慮深い愛情があります。

はじめは冷たくなつに接していましたが、今では一番のなつの理解者・よりどころになっていると思います。

今後のなつの動向が気になりますが、きっと泰樹が温かい手を差しのべてくれると信じています。

1話から最新話までフルで動画を視聴したい場合は、U-NEXTがオススメです。

下の緑のリンクから新規登録すると、通常は600円分のポイントのところ1,000円分のポイントが貰えます!
(なつぞら1話分につき108円必要なので、動画を9話分すぐに見れてしまいます。)

U-NEXT公式ページを見てみる >

無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。解約も簡単にできます。

「なつぞら」十勝編を終えて(なつの高校時代) 視聴者の感想

チコ太郎さん(20代女性)
チコ太郎さん(20代女性)
農業高校での話がとても面白いなと感じます。

実年齢35歳が演じている高校生の圧と笑いのセンスがとてもよくて、毎回笑ってしまうほどの面白さです。

高校での演劇のシーンは、なつの心の変化を表していていいシーンが詰まっていたし、セリフの捉え方ひとつで、言葉の重みが変わるのがとても興味深くてよかったです。

吉沢亮さんの出演が多くなって来て、広瀬すずさんとの美男美女の共演で画面が潤ってキュンキュンするし、美男美女とのどかな風景のマッチングが最高です。

おじいちゃんとの関係性も高校生になると、本当の家族の様に見えるし、おじいちゃんは特別な大事な存在なんだなと感じることができて、素敵なシーンが満載です。

高校生の甘酸っぱい恋がとてもいいです。

ななしさん(40代女性)
ななしさん(40代女性)
ネットや仲間内でも話題になっていますが、出演者がとても豪華で、毎日目の保養にもなります。

主役の鈴(なつ)ちゃんがかわいいのはもちろん、なつをとりまくメンズもイケメンぞろい。

私のまわりで一番人気はやはり天陽くんですが、照男お兄ちゃんもイケメンだし、私の一押しは、泰樹じいちゃんです。

いきなり怒鳴ってみたり、そうかと思えば、突然優しくなつに声をかけたり、そんなときはなつと一緒にテレビの前で私も泣いています。

アップで映るとドキドキしてしまいます。

高校生活が今週で終わってしまい、来週からは東京編が始まります。

北海道のメンツがあまり登場しなくなるのかなと思うと、寂しい面もありますが、また新しい展開に期待もあります。

エミさん(40代女性)
エミさん(40代女性)
なつと家族、特にじいちゃんとの関係が好きで見ています。

じいちゃんが不器用ながらも、なつが可愛くて仕方がないのが伝わってきます。

実の孫よりも絆が強いのは、どこか2人が似ているからかもしれません。

私にも似たようなおじいちゃんがいたので、感情移入してしまう部分があります。

幼なじみの天陽くんとの関係もとても癒されます。お互いを認めあっている、友達以上であり恋愛対象でもあるけど、もっと大事な想いが2人にはあるように感じます。

本当は2人には将来一緒になって欲しいですが、このままなつが東京に行ってしまうとなるとそれは無理なんですかね。

そこが少し残念。北海道の大自然で酪農をしながら他人だけど心の通う家族と暮らしたなつは幸せだと思います。

この朝ドラを見てると、誰かに自分の思ってることや感情を伝えることの難しさや大切さを同時に教えてもらってる気がします。

これから先もどうなっていくのか楽しみです。

インギーさん(30代男性)
インギーさん(30代男性)
なつが高校生になって初めての放送が、まずは感動的な感じがしました。

牛の出産のストーリーで、おじいさんが諦めているのになつが必死に赤ちゃん牛を救おうとしているのが、とても良かったとおもいます。

それからは、おじいさんが農協と対立しているということで、それを解決するために、なつが演劇をするという件でしたが、これは演劇のクオリティも低くて、正直少し物足りなかったような気がしました。

そして、最近はなつがアニメーターを目指すという感じでしたが、おじいさん役の草刈正雄さんが怒りまくる演技は、とても迫力があって、「真田丸」での戦国武将を彷彿とさせる感じで良かったとおもいます。

そして、これからはいよいよなつが東京に向かうので、違う感じになると思うので楽しみです。

わらびさん(50代女性)
わらびさん(50代女性)
なつのいつも真っ直ぐなところが本当に可愛らしいです。

これだけ毎日精一杯生きていたらどんなに人生充実かと思います。

周りもいい人ばかりで見ていて安心します。ドラマには意地悪な人がつきものだが、そういう人がいないのです。

また歴代の朝ドラのキャストが出ているのがおもしろいです。もうすぐ山口智子が出るそうで楽しみです。

それから、なつの北海道での両親は美男美女ではじめは違和感だったけれど、演技がとてもうまいのでなつの両親役にぴったりです。

2人の、なつを想う演技には涙が出そうになりました。

また、北海道の大自然を毎朝見られるのはいいもので、雪の中でのシーンは皆きれいに映えるのでいいと思いました。

これから東京編でロケが少なくなりそうです。それでも観続けて、なつを応援したいです。

parapiさん(30代女性)
parapiさん(30代女性)
高校生のなってからも、変わらずまっすぐに成長しているなつを見てホッとしました。

幼少期は馴染めなかった柴田家にも今では、馴染めていて本当の家族のようで安心しました。

ときどき、まだ気を遣っているのかなと思うなつのシーンがありますが、柴田家の両親もおじいさんもなつに対してしっかりと向き合い、必要とあれば叱りつける姿は、家族同然だと感じました。

途中、おじいさんが照男となつを結婚させようという考えを持っていたことが分かりましたが、その出来事がなつは家族であるという絆をより強めたと思いました。

また、なつが恋愛に少して興味がないのか鈍感なのか、天陽君との関係がはっきりしないままになっていて、これから東京に出ていくなつにとって二人の関係はどうなっていくのだろう、と気になって仕方ありません。

また、なつの気持ちを優先して、東京へ行くなつを引き留めず、自分の想いを伝えなかった天陽君を強く感じました。

東京と北海道でな離れ離れになってしまう二人ですが、恋愛に発展してうまくいってほしいと願っています。

hyさん(30代男性)
hyさん(30代男性)
朝ドラのなつぞらでは、東京から連れてこられたなつが柴田家に連れられて、酪農をはじめ一人前になっていく姿がとても頼もしく感じ、その中で認められていくところが見ていて微笑ましいです。

またその中で、なつが同級生の天陽くんに出会い酪農からアニメーションまで色々なことを触れ、価値観が少しずつだが変わってきていることに人生の幅や選択肢というのは大切だと感じました。

最初は演劇をはじめ表現することの難しさを感じ、そこから酪農家を継ぐことまでの家庭問題までとなつの人生がお世話になっているおじいちゃんの一言で心が動いていく様が、自分自身でもとても考えさせられました。

なつの恋愛はどうなっていくのかの興味もありますが、今は酪農家とアニメーションへの夢のどっちを選び東京のお兄さんが今後どうなるのかというのも今後の展開が楽しみです。

まはろさん(30代女性)
まはろさん(30代女性)
「なつぞら」は【家族愛】、そして「高校生」という人生で一番難しい時期(=思春期)の【心の葛藤】の2つがテーマだと思います。

戦争孤児で兄弟とも離れ一人北海道の土地に来たなつの状況だけを考えれば、孤独で寂しいストーリーなのでは、と最初は思いましたが、そんななつを包み込み本当の家族のように接する北海道の人々を見ていると、とてもあたたかい気持ちになる作品です。

高校生のなつは、人生で初めて自分の夢ややりたいことに気づきます。

ですが、今まで育ててきてくれた北海道の家族に申し訳ない、自分はそんなワガママを言える立場ではないという、なつなりの葛藤の様子がメインに描かれていますが、毎回見ていると胸が苦しくなります。

なつの気持ちももちろん分かる。でも、そんな他人行儀では北海道の家族は悲しむだろうなと・・・。

それでもなつは夢を追って東京に行くことを選択しました。

一番になつを気にかけ、なつにとっても一番の良き理解者であったじいちゃんになつの思いを打ち明け、わかりあえていたシーンは今でも思い出すと涙が出てしまいます。

それほど本当の家族を超えた温かい家族愛の作品なんです。

これから、なつが東京でどのように夢を追いかけていくのか。将来、成長した姿で北海道に戻ることを期待しています。

もちろん、天陽くんとの恋の行方も気になります。甘酸っぱい初恋として終わるのか、それとも天陽くんもなつを追いかけて東京にきちゃうのか・・・。

今後も想像以上の展開を期待しながら見ていきたいと思います!

mimi4uさん(60代女性)
mimi4uさん(60代女性)
なつは仕事も学業も真面目に取り組んで、すっかり柴田家の一員になれて良かったのですが、次々問題もうまれました。

じいちゃんともめているお父さんが勤めだした農協との間を取り持つ為に、雪月の雪次郎の勧めで演劇部顧問の倉田先生に相談しました。

悩みを劇にして女優デビュー!見事じいちゃんに思いが伝わった時は感動しました。富士子さんの優しさも素敵です。

信さんが東京から訪ねて来てくれた事がきっかけで、なつの気持ちをくみ、お兄さんを探しに東京まで連れて行ってくれ、見事会うことが出来ましたね!

結果はちょっと残念でしたが、そこで、人生を方向付ける新しい出会いがあり、アニメーションの世界に入る事がゆめになりました。お父さん譲りの才能をきっと開花させる事と思います。

アキさん(50代女性)
アキさん(50代女性)
柴田家のおじいさんが孫の照男となつを結婚させようとした時は、かなり驚いてしまいました。

しかし、あの時代ならそういうことがあってもおかしくはなかったのかもしれません。

なつはとても独立心の強い子で、柴田家で本当の子供のように育ててもらっていても、どこか他人行儀な感じがしました。

高校では酪農などの農業を学んでいたことで、自分のやりたいことがアニメーターだと分かった時、かなり心の葛藤があったと思います。

折角、高校まで出してもらったのに、自分はその道に進まずに、全く別の道に進もうとしているのですから無理もないと思います。

本当の親子だったら、そういうところの遠慮もなかったのかもしれません。

しかし、柴田家のおじいさんが一人で北海道に開拓に来たことがきっかけで、なつも本心を家族の前でようやく打ち明けることができて、本当に良かったと思いました。

1話から最新話までフルで動画を視聴したい場合は、U-NEXTがオススメです。

下の緑のリンクから新規登録すると、通常は600円分のポイントのところ1,000円分のポイントが貰えます!
(なつぞら1話分につき108円必要なので、動画を9話分すぐに見れてしまいます。)

U-NEXT公式ページを見てみる >

無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。解約も簡単にできます。

「なつぞら」アニメーター編(なつの大人時代) 視聴者の感想

イラックスさん(40代男性)
イラックスさん(40代男性)
大人になったなつはアニメーターとして東京へ行きますが、最初のうちは絵が下手だけど、周囲の一部の人たちに助けられて成長しているなという印象を感じました。

しかしその途上で少しイラついたのは、9月時点で婚約している相手の男性の存在でした。というのは何か詩人みたいなしゃべり方をしていて、抽象的すぎる表現ばかりしていたからです。

その挙句の果てにその人はアニメが描けないにもかかわらず、妥協しないで我を押し通した果てに、作品が大赤字になって責任を取らされて会社を辞めるのですが、その人となつがなんで結婚して、しかも北海道へ戻ってきたのかは予想外で理解不能な一場面でした。

このドラマで割と好感度的に見ていられるのは、主人公とその相手でなくて、居酒屋やってる山口智子さん演じる人の笑顔ですが、それ以上に北海道で農業やってる草刈さん演じる人が笑いはしないが、また再登場してくれたので、それでドラマとして安心感を保ててる感じがしました。

waoさん(50代男性)
waoさん(50代男性)
正直、なつが大人になってから面白みは半減しました。広瀬すずの演技も鼻につきます。

それでも、まだ北海道にいたころは見れましたが、上京してからはあまりの陳腐な設定にあきれています。

古い昭和の時代をだせばいいというものではなく、当時の新宿などはドラマとはいえ当時とはかけ離れすぎです。

自分は新宿生まれでモデルになった東映アニメーションの建物も良く知っていますが、あまりの乖離に当時を知らない世代が作った想像のドラマと割り切っていましたが、それでもストーリーがご都合的になってきたので八月になってさすがに見るのをやめました。

始まって春くらいまでが良かっただけに残念なドラマになってしまいました。

すももちゃんさん(40代女性)
すももちゃんさん(40代女性)
アニメーターとして、何の迷いもなく、みんなの期待に応えて順風満帆な人生を歩んでいるなつをまぶしく感じます。

仕事も恋愛もうまくいっていて、挫折が少ないことから共感するところがあまりありませんし、優等生的な感じがして面白みに欠ける気がします。

毎朝、どうなるのかドキドキわくわくすることはなく、安心して観ていられるという感じです。

なつを演じる女優が、清純派として人気を博していて、どちらかというと、かわいいアイドルのイメージが強くて、演技力はいまひとつなので、朝ドラの女優に期待するこれからのびそうな女優という期待はありません。

話し方が幼くて、30代以上となるとイメージがわきません。

ぷつふさん(30代女性)
ぷつふさん(30代女性)
子供時代に比べるとなつへの感情移入がしづらくなっているように感じます。

なつが高校生までの間は健気に頑張っている姿を応援していましたが、上京してアニメーターを志してからは随分わがままな性格になってしまったのが残念です。

実在の人物をモデルにしている以上物語の大筋が決まっているのは当然のこととは思いますが、北海道編をメインにしてほしかったなと思います。

特にこの暑い季節は北海道の清涼感ある風景と心温まる物語でさわやかな朝を迎えたいなというのが率直な感想です。

なつの会社はともかく、風車はどうも画面が暗くてどんよりした気持ちになってしまいます。

照男兄ちゃん夫婦や天陽くん夫婦ももっと見てみたいです。

何より、じいちゃんの存在が物語にぐっと深みを加えていると思うので終盤の見せ方に期待したいと思います。

milkさん(40代女性)
milkさん(40代女性)
子供の頃のなつは大人の顔色を伺いながらも一生懸命に自分の居場所を見つけようとしていた健気さがありました。

おじいさんとの絡みも良くて「このドラマ、すごくいいドラマになりそうだな」と感じたのです。

ところが、大人になったなつは別人のように自己主張が激しく周りがお膳立てしてくれているようなお姫様のなつになってしまいました。

お兄さんを見つける時や妹の千遥を見つける時も幼なじみの信さんが奔走し、アニメーターになってからも何故かすぐになつの意見が採用されたり苦労知らずです。

セリフの言い回しも上から目線で、物の言い方もキレたような感じで謙虚ななつは消えてしまいました。

初めの2週間での期待はあっけなく消えてしまいいつになったら面白くなるのかと惰性で見ています。

parapiさん(30代女性)
parapiさん(30代女性)
アニメーターとして夢に向かって邁進する姿は、とても素敵に感じます。

夢を持つことの素晴らしさを教えられ、困難な中にも希望を見つけるなつの姿は、夢を持たない若い子にぜひ見てほしい姿だと感じます。

東京に出てきたことで、色んな人と関わることで人間的にも成長していくなつを見ていると母親のような気分になります。

生き別れになっていた妹の千春がなつに会いに北海道へ来る回があり、なつ自身は会うことができませんでしたが、千春が残した手紙や千春に会った柴田家の家族からの話で千春に事情があること知り、会えなかったことで、子供の頃のままで止まっていた兄妹の時間が動き出した感じました。

それぞれの場所で頑張ろうと、なつもアニメーターとして成長し、職場結婚も果たし、今は、北海道での乳業事業が動き出したことで、アニメーターとしてのなつの力が発揮される機会が訪れています。

柴田家となつの絆の深さを改めて感じることができると期待しています。

大人になっても変わらずまっすぐで、家族思いななつに、毎朝心が浄化されます。

ままちゃんさん(40代女性)
ままちゃんさん(40代女性)
北海道で酪農を続けるのかと思っていたなつが、アニメーターを目指して上京します。

私としては、てんようくんと結婚して、じいちゃんと関わりながら北海道で幸せになってほしいと思っていたので、ちょっとがっかりしました。

でも、東京でアニメーターの実力を認められて活躍をしだすので、なつのやりたいことができて良かったと思います。

東京のかかわる人たちもいい人ばかりで、なつは幸せ者だなと思います。きっと、なつの人柄がそうさせているのだと思います。

さいたろう兄ちゃんも足を引っ張るのかと冷や冷やしていましたが、今は自分の会社をしっかり運営していて安心して見ていられます。

あとは、ちょっと癖のあるいっきゅうさんが、マンガ映画の仕事をどのようにしていくのかによって、なつの苦労がかわると思います。

どうか、いっきゅうさんの仕事がうまくいって、なつが安定した暮らし、幸せな家庭を築いてほしいなと思います。

gin1018さん(50代女性)
gin1018さん(50代女性)
大人になってからのなつは、自分の考えをしっかりもった、真の強い女性という印象がよく表れています。

小さい頃のなつは、多くの辛い経験を重ね、精神的には、同世代の子供たちより大人びていましたが、周囲を気遣い、遠慮がちな面を多く持っていましたが、大人になり、東京へ出てきたなつは、アニメーターになる夢を捨てず、自分の思いをしっかりと周囲に伝える自立した女性に変わりました。

東洋動画に入社してからも、決して受け身ではなく、自分からアニメを追求し、先輩の仲さんや、麻子さん、下山さん達から、いろいろなものを吸収していく姿は、同じ女性として、あこがれを感じました。

坂場一久さんとの、仕事上のやりとりも、お互いに熱さを感じて面白かったし、まっすぐな故に不器用な一久さんを、冷静な目で見るなつが頼もしくも感じました。

前回は不発だったけれど、なつと一久さんは、結婚後、また、アニメを通して新しい世に出るものをつくりあげてくれるのではと、期待しちゃいます!

伊豆太郎さん(60代男性)
伊豆太郎さん(60代男性)
なっちゃんは、アニメーターになる夢を実現するために新たな冒険の旅に出ますが、18歳のまだ少女がよく単身で大都会の東京で挑戦する決断をしたものだと感心します。

農業高校を卒業と同時に上京しますが、アニメ制作会社の入社試験に一回目は失敗するもののが、くじけず、2度目の挑戦で見事入社を果たしますね、偉いぞ、なっちゃん!

最初に配属された部署はアニメーターが描いた図柄を仕上げる工程で、決してなっちゃんがやりたい仕事ではありませんでした、くじけるな!負けるな!と毎日応援していました。

しかし、なっちゃんの力を認める社内の同僚の力添えもあり、遂に作画の部署に異動になり、徐々にアニメーターとしてのキャリアを積むことになります、いいぞ、なっちゃん、どんどん前に進め!

一久さんとの出会いがなっちゃんの人生に大きな影響を与えるようになり、紆余曲折の末、二人は遂に結婚を決意しましたね、いいぞ! おめでとう! 一久さん、しっかり!

なっちゃんの服装が日々センスが良くなってきます。毎朝、今日はどんな服装で登場するのかも楽しみのひとつです。

ややださん(30代女性)
ややださん(30代女性)
十勝の大地で酪農をして育ってきたなつが東京でアニメーション(作中では漫画映画)の仕事をするという事は何の関係ない畑違いのジャンルに飛び込むようでした。

しかし広大な自然と演劇部で培われた表現する力や発信する喜び、なにより柴田家の人々をはじめとする様々な人々との関わりはアニメーションを作る事に十分すぎる糧となっていたのです。

そして自分の産まれた東京という場所を選んだという点も、仕事を求めてという理由だけではなく自分のルーツを求めて、成長するためにという為の選択だったのではないかなと思います。

アニメーターとして働き始めてからは、麻子からの厳しい態度や自分の思う様な絵が描けない、一久の気難しい性格など様々な困難が待ち受けていましたが、持前の明るさや大らかな人柄で乗り越えていきました。

その姿に私は毎回元気や勇気を貰いました。そして一久と晴れて結婚となった事は自分の様に嬉しかったです。

これからは夫婦で様々な経験をして成長していく姿を視ていきたいです。

1話から最新話までフルで動画を視聴したい場合は、U-NEXTがオススメです。

下の緑のリンクから新規登録すると、通常は600円分のポイントのところ1,000円分のポイントが貰えます!
(なつぞら1話分につき108円必要なので、動画を9話分すぐに見れてしまいます。)

U-NEXT公式ページを見てみる >

無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。解約も簡単にできます。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...