なつぞら

【なつぞら】149話のあらすじと感想!千遥の離婚

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第25週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」の149話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)を訪ねた千遥(清原果耶)は夫と離婚し、嘘をつかず堂々と生きていきたいと話します。

また家族になって欲しいと言う千遥に「もちろん!」と答えるなつ。

そして、なつは咲太郎(岡田将生)と信哉(工藤阿須加)に千遥の事情を話すのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  149話のあらすじ(ネタバレ)

北海道十勝になつ(広瀬すず)は千遥(清原果耶)の事情を電話します。

そのことを聞いた剛男(藤木直人)は「自分には責任があると思う!」と言って東京へ行くと言い出します。

そして、東京では千遥の離婚についての話し合いが始まろうとしていました。

話し合いの場へやって来る咲太郎(岡田将生)となつ(広瀬すず)。

そこで、待っていた千遥の育ての親であるなほ子(原日出子)と会います。

千遥を助けてくれたことにお礼を言う咲太郎となつ。

「昔の家族とは縁を切らなければいけないと言ったのは私なんです。私を恨んでいないのですか?」と聞くなほ子に、咲太郎は「そんなことはありません。千遥を思ってくれてそうしてくれたのは分かっています。」と話します。

それでも千遥に嘘をつかせたことを後悔するなほ子。

そこへ、千遥の義母である雅子(浅芽陽子)と夫の清二(渡辺大)がやって来ます。

咲太郎となつが自己紹介をすると、「千遥さん、これは一体どういうことなんですか?」と声を荒げる雅子。

千遥は自分の本当の生い立ちを正直に雅子と清二に話し始めます。

千遥が浮浪児だったことを聞き、雅子は呆れたような表情を見せます。

「つまり、そういうことを隠してうちの嫁になったってことね!」と千遥を責める雅子でしたが、「どうだっていいだろそんなこと。母さんだってわかっていたことだろ。」と言う清二。

雅子は千遥が嫁ぐ前に千遥について調べていて、置屋に拾われたことまでは知っていたのです。

それでも清二が千遥のことを好きであったし、千遥の亡くなった義理の父が「そんなことは関係ないだろ。」と言って結婚を後押ししてくれたのだと言います。

「親父が千遥のことを一番かわいがっていたからな。でもよくこの店を辞める決心がついたな?俺は君が良ければいつでも離婚していいと思っていた。」と話す清二。

その言葉に「それはあまりにも無責任じゃないですか?」となつは怒ります。

千遥は「養育費も慰謝料もいりません。千夏と一緒にいられればそれだけでいいんです。」と言いますが、雅子は「千夏はうちの孫でもあるんです。あなた1人でどうやって育てていくの?」と言い放ちます。

その話を聞いた咲太郎は雅子に亡くなった父親について話し始めます。

「実は、私たちの父親も料理人だったんです。浅草の料亭で修業をして、それから料理屋を開きました。小さい店でしたが私たち家族は幸せだったんです。戦争さえなければ。その店を私が再建して千遥に継がせたいと思っています。」

雅子は、咲太郎が言った浅草の料亭で修業をしていたということが気になったようで「私の主人も浅草の料亭で修業をしていたんです。もしかしたら、その頃から私たちは縁でつながっていたのかもしれないわね。」と千遥との不思議なつながりを感じます。

そして雅子は離婚の原因は清二にあることを認め、千遥に「亡き夫の味を守れるのはあなたしかいない。」と言って「杉の子」を千遥に任せたいと言ってくれます。

「その方が千夏も安心して暮らせるでしょ。引き受けてくれるかしら?」と千遥に聞きます。

目を赤くしながら「はい。」と答える千遥。

雅子や清二が帰って行くと、千遥は咲太郎となつに「ありがとう。」とお礼を言います。

咲太郎は「きっと親父と千遥の義理のお父さんは同じ浅草の料亭で働いていたんだ!だから千遥は親父の味を再現できたんだよ!!」と話します。

「そうだったら嬉しいけれど…。」と笑う千遥。

そして千遥の離婚の話し合いが終わった頃、剛男は「杉の子」の前までやって来ていました。

学校から帰宅してきた千夏(粟野咲莉)の姿を見つけて「もしかして、千夏ちゃん?」と声を掛ける剛男。

千夏が「はい。そうです。」と答えると「やっぱり千夏ちゃんか!」と言って喜ぶ剛男なのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  149話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  149話の感想

千遥の離婚が無事に成立しました。

義理母である雅子は信哉が言っていた通り、話の分からない人ではありませんでしたね。

最初は浮浪児だったことを隠していたことに嫌悪感を抱いていたようでしたが、最後には千遥の料理人としての腕を認めて店を続けさせてくれ、千夏とも暮らせるようにしてくれました。

本当に良かったです。

それにしても、千遥の旦那の清二ははっきりしない男でした。

詳しい事情は分かりませんが、千遥を好きになって結婚したのにもかかわらず他に女を作ってあっさり離婚。

立派な料亭の次男として生まれて甘やかされて育ったのでしょう…。

そして、咲太郎が戦死した父親が浅草の料亭で修業していたことを話すと、雅子は千遥に料理を教えた亡くなった親方と同じところで修業していたのかもしれないと話していましたね。

千遥の天丼の味が戦死した両親が作ってくれた天丼の味と似ていたのはそういう理由があったのかと納得しました。

これから千遥は、なつや咲太郎とまた家族として会うことが出来るようになりました!

千遥の表情も以前とは違い優しい表情になって良かったです。

これから千遥には、千遥の思うように堂々と生きて行って欲しいですね。

なつぞらも残りあと1週あまりとなりました。

どんなラストへ向かっていくのか楽しみです!

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク