なつぞら

【なつぞら】148話のあらすじと感想!千遥とまた家族に

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第25週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」の148話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)は千遥(清原果耶)の料亭を出るときに一通の手紙を渡します。

その手紙は戦死した父からの最後の手紙でした。

手紙を読み涙が止まらない千遥。

そして、離婚を決意した千遥は再びなつに会いに行くのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  148話のあらすじ(ネタバレ)

再びなつ(広瀬すず)を訪ねてきた千遥(清原果耶)はなつに料亭へ来てくれたことへのお礼を言います。

「千遥がどれだけ誇りを持って料理をしているかわかって良かった。」と言うなつ。

千遥も「私も奥原なつの作品をずっと見てきました。ずっと強く生きてきたんですね。それが作品からよくわかります。だから私がちゃんと生きてきたことを分かってほしかった。」と話します。

そして、なつに「お姉ちゃん、私あの店を辞めようと思う。」と打ち明ける千遥。

なつは千遥を自宅へ招きゆっくり話を聞くことにします。

2人で向かい合って座わると「なんでも話して。千遥のことなんでも知りたい。」と千遥に切り出すなつ。

すると千遥は結婚してからのことをゆっくりと話し始めます。

「私は18の時に政治家も利用する杉乃屋という立派な料亭の次男と結婚しました。明るくて優しい人でした。でも、今は一緒にいないんです。別の女の人と暮らしていて…。」

「ずっと我慢していたの?」と聞くなつ。

「お店があったから。杉の子は亡くなった親方が作った店なんです。主人の父です。私に調理師の免許まで取らせてくれて店も任せて私を受け入れてくれました。だから、あの店はとても大事です。」

「主人と別れればあの店は続けられなくなる。でも、もう別れる決心がつきました。これからどうなるかわからないけれど。」

その千遥の話を聞いて「千遥はもう自由になっていいと思う。千遥は何もわるくないでしょ?」と話すなつ。

「でも、お姉ちゃん。私は自分の過去を隠して結婚したの。そのことをあちらが知ったら千夏の親権だってどうなるか…。でも、千夏にまで嘘をついて生きるのはもう嫌なんです。私は堂々といきたい。」

「お姉ちゃん、私とまた家族になってくれる?」と涙を流しながらなつに問う千遥。

その言葉になつは「もちろん!!当り前じゃない。千遥はもう自由になっていい。堂々と生きていい。また、一緒に生きよう。」と答えます。

2人はマコプロダクションに戻ると、千遥は千夏になつが千遥の姉であることを正直に話します。

そして、マコプロダクションのみんなに見送られて千遥は帰って行くのでした。

なつはその日の夜、咲太郎(岡田将生)と信哉(工藤阿須加)と千遥のことについて話します。

信哉は料亭「杉乃屋」の女将について調べてくれていて、「杉乃屋の女将は決して話しの通じない人ではないらしい。ちゃんと筋の通った人みたいだ。」と話します。

「ありがとう。」と言う咲太郎となつに「水臭いな。俺にとっても本当に家族だと思っているんだよ。空襲から1年近くみんなと一緒に過ごした日々が忘れられないんだ。あの時があったからどんなことも耐えられた。」と話す信哉。

なつと咲太郎は4人で過ごした戦後の日々を思い出します。

信哉は「千遥ちゃんがまた家族になったら僕の戦争もやっと終わる気がするよ。」と言って目を赤くするのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  148話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  148話の感想

千遥がなつのことを「お姉ちゃん」と呼びましたね!

なつや咲太郎とは縁を切らなければならなかった結婚でしたが、離婚を決意したことで千遥の中で2人の存在を認めることができたのだと思います。

千遥が心を開いてなつに離婚の相談をしてくれて本当に良かったです。

だんだんと千遥の表情が柔らかくなり、なつと姉妹に戻っていく様子が2人の繊細な演技でよく伝わって来ました。

きっと千遥も心のどこかでいつもなつや咲太郎のことを思っていたのでしょう。

なつも千遥に自分の作ったアニメーションが届いていて今までの頑張りが報われましたね。

千遥の「お姉ちゃん、また家族になってくれる?これからは千夏に嘘をつかず堂々と生きていきたい。」という言葉に強い決意を感じました。

そして、信哉はなつたちの本当の家族ですね。

信哉はなつを訪ねて北海道に会いに来てくれた時からずっとなつたち兄妹の再会を手助けしてくれました。

信哉は両親も兄弟もいないので、なつたちより悲しい思いをしてきたかもしれません。

なつたちと過ごせた1年間は信哉にとってもかけがえのない家族の時間だったのですね。

あの戦後の過酷な環境を乗り越えた4人の絆はとても深いのだなと感じました。

千遥がこれから安心して暮らしていけることを祈るばかりです。

千遥と千夏が離ればなれにならず、これからは兄妹力を合わせて生きて行ってほしいです。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク