なつぞら

【なつぞら】136話のあらすじと感想!天陽がなつを描いた雪月の包装紙

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第23週「なつよ、天陽君にさよならを」の136話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)は天陽(吉沢亮)が亡くなる前の夜の出来事について山田家で話を聞きます。

離農しようと思うと話す正治(戸次重幸)に「私はこの土地で生きて行きたいんです!」と訴える靖枝(大原櫻子)。

アトリエに向かったなつは天陽の自画像と向き合い天陽の声を聞くのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  136話のあらすじ(ネタバレ)

なつ(広瀬すず)と優(増田光桜)は「雪月」へ向かいます。

「雪月」のお菓子でなつたちを歓迎する雪次郎(山田裕貴)と夕見子(福地桃子)。

すると妙子(仙道敦子)がやって来て「良かった。なっちゃんが笑っていて。」と言います。

その言葉に「天陽君、ちゃんといました。びっくりするくらい今でも変わらずにいるような気がする。」というなつ。

雪次郎もそのなつの気持ちに共感します。

話をしていると、とよ(高畑淳子)と雪之介(安田顕)が「久しぶりだね、なっちゃん!」と賑やかにやって来ます。

「なっちゃんに見せたいものがあるんだわ。」と言う雪之介。

そう言って段ボールから天陽(吉沢亮)に絵を頼んだという「雪月」の包装紙をなつに手渡します。

その包装紙の絵は大草原の丘に立つ一人の少女が描かれていました。

天陽がこの包装紙を持ってきた時に雪之介が「この女の子はなっちゃんかい?」と聞いたと言います。

「この北海道にはなっちゃんみたいに開拓者精神を受け継いでたくましく生きている人がたくさんいるでしょ。僕の十勝もそういうなっちゃんから始まっているんです。そういう出会いを雪月のお菓子にも込めたかったんです。」

「もしなっちゃんが何かにくじけそうになったら、その紙で雪月のお菓子を包んで送ってあげてください。なっちゃんは今、たくさんの人たちを喜ばせなきゃならないでしょ。」と話す天陽。

その包装紙にはなつと十勝への天陽の思いが込められていました。

天陽のその思いを聞いて涙が止まらないなつ。

とよはなつに「残されたものは辛いけれど、その分強くなれる。大切な思い出に恥ずかしくないように生きなきゃ。」と話します。

そして雪之介は東京へのお土産にと、天陽の描いた包装紙で包まれた雪月のお菓子をなつに渡すのでした。

夕見子に送られて、なつは優と雪月から柴田家に帰ってきます。

その夜、柴田家には弥市郎(中原丈雄)がやって来ました。

「天陽の人生には長いも短いもない。そこにあるだけだ。それは何て美しいことか。あいつはあいつの作品そのものになったんだ。」と言う弥市郎。

それでもやっぱり家族は悲しいわ…と言う富士子(松嶋菜々子)。

泰樹(草刈正雄)は「なつ、お前は大丈夫なのか?」となつの様子を心配します。

すると「私は大丈夫。やっぱり天陽君はすごいわ。今でもみんなの中に生きてる。それが答えだよね。」と言うなつ。

布団に入ったなつは優に「大草原の小さな家」を読み聞かせます。

読み聞かせているうちに眠る優。

優が眠るとなつは机に向かい、となりに天陽の描いた包装紙で包まれたお土産のお菓子を置いて絵を描き始めます。

そのなつの目は真剣です。

夜が明けて優の声で目を覚ますなつ。

優は「ママすごい!!これママが描いたんでしょ?」と言って、なつの描いた「大草原の小さな家」のキャラクターを見て喜びます。

「優、これ見たい!このお話見てみたい!!」と言う言葉に笑顔になるなつ。

なつは何かを決意したようにすぐに東京に電話をかけるのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  136話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  136話の感想

久しぶりに雪月の面々が勢ぞろいで出てきました。

夕見子も雪月で働くようになり、すっかり小畑家の一員になっていましたね。

雪月のいつもの明るい雰囲気を見ることが出来ると、なんだかホッとしますし楽しい気分になります。

そして、雪之介がなつに見せてくれた天陽の描いた雪月の包装紙が素晴らしかったです。

天陽が北海道という土地となつへ込めた思いがこの包装紙にすべて現れているように感じました。

天陽の言葉は人の心に本当に響きます。

亡くなってもなお天陽はいろいろなところで、そしてそれぞれの人の胸の中で生き続けています。

なつはアニメーターを続けるべきかどうか悩んでいましたが、天陽の残してくれた思いを受けて新しい道を見つけたようです。

一久から渡された「大草原の小さな家」の本をなつは北海道へ持ってきていました。

やはりどこかでこの作品をやってみたいという気持ちがあったのでしょうか?

優も「大草原の小さな家」のなつの描いたキャラクターを見て喜んでいました!

この北海道の開拓者の話こそなつがやるべき作品のような気がします。

「絵を動かすことがママのお仕事」という優の言葉の通り、なつはまた新しい一歩を歩み出しました。

やはりなつはアニメーターとして絵を描いている時の目が一番輝いていますね!

天陽の死を乗り越えたこれからのなつに期待したいです!

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク