2019年春ドラマ

【インハンド】2話のあらすじ(ネタバレ)と感想「日本で初ウイルスを紐倉達が追う!」

スポンサーリンク



ドラマ「インハンド」第2話が2019年4月19日(金)に放送されました。

紐倉達は日本で初めて見つかったウイルスの感染ルートを特定して、解決へ導く事が出来るのか注目です!

ここでは、「インハンド」第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

インハンド
【インハンド】キャスト紹介!山下智久演じるドSな奇人学者が解き明かす謎とは?山PとTBSドラマのコンビだと、「アルジャーノンに花束を」や「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」など印象的なハートウォーミン...
インハンド
【インハンド】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?金10ドラマ「インハンド」が2019年4月からスタートします。 現在連載中の漫画「インハンド」が原作の今作は主演を山下智久さんが務...

【インハンド】2話のあらすじ(ネタバレ)

異色のコンビが誕生

紐倉哲(山下智久)は白い大きな旗を草原で降りかざしていました。

「紐倉博士」と荷物を大量に持った助手の高家春馬(浜田岳)が現れます。

採取したマダニを高家の背中や足に置き、「可愛い」と言いながら実験をしていくのです。

こき使われる高家は助手になった経緯を思い出します。

その頃、内閣官房では会議が行われていた新型インフルエンザへの対策が議論されていました。

サイエンス・メディカル対策室の網野肇(光石研)は周りに合わせて、例年と同じ対策をする事にします。

対策室に戻り、牧野巴(菜々緒)から反論されて、資料からインフルエンザ対策が管轄であると迫られるのです。

彼女は仕事にやる気を出して、アドバイザーを務めてくれる専門家を探しに行きます。

アドバイザーを紐倉に頼みますが、あっさり断れました。

研究のため、高家の腕に1週間ほどマダニを置き、彼が薬を塗ろうとします。

実はその薬を紐倉が特許を取り大金を得ている事が分かました。

「目当てのマダニはなかった」と彼は特定のダニを探していたのです。

新たな感染症が判明

ある病院に足を運んだ紐倉と高家は感染症の疑いがある患者の血液サンプルを受け取りました。

研究所に戻り、「やっぱり、ハートランドウイルスだ」と日本では発見されていないウイルスを確認します。

新しいウイルスの説明をする紐倉が死に至ると口にすると高家は驚きました。

シカダニが噛まれると発症するため、日本のどこかにいるのではと興味を示すのです。

牧野は専門家を回りアドバイザーを探しますが、見当たらずにいると1人の専門家から紐倉の話を聞きます。

「あの紐倉哲が…」とアメリカで実績があると知った牧野は信じられません。

「こんにちわ」と紐倉と高家は金井という女性の家を訪れます。

彼女の息子である渉の1人がいて、ハートランドウイルスに感染している彼女の事を聞きますが、何も情報は出ませんでした。

部屋を探すとある写真が目に入り、ロンという犬を飼っていて現在は別のところに住んでいる父親のとこにいると話します。

紐倉は渉が飼っていたカラスアゲハを見つけて、山梨にキャンプに行った時に捕まえた事を耳にするのです。

感染者が拡大

病院から連絡が入り、ハートランドウイスの患者が7人にも運ばれた事を知ります。

駆け付けた紐倉は「サンプルをすぐに」と伝えて、高家は感染拡大を心配しました。

このことはテレビ報道もされて、サイエンス・メディカル対策室では問い合わせが殺到するのです。

牧野は紐倉の元を訪れて、情報を知らせなかった事に怒ります。 

高家が「どうだった」と検査結果を聞くとサンプルからハートランドウイルスが検出されて、牧野は再び協力を要請しました。

感染3日目に渉は母親が亡くなりますが、シカダニに噛まれた跡がなく、紐倉は接触感染を疑うのです。

そして、特異体質の人物で感染しても発症しない「スーパースプレッダー」がウイルスをばら撒いていると推測しました。

牧野は対策室でボードに感染ルートの相関図を書いて、調べています。

すると牧野は相原光一という貿易会社社長が浮上して、彼がアジリティーでアメリカに行っていた事が判明するのです。

さらに渉の父親である事も分かり、連絡を受けた紐倉と高家は本人に会いに行きます。

応答がなく鍵を開けて相原の家に入ると死後数日経った死体がありました。

紐倉が彼の携帯を調べると中から渉が写っている写真を複数枚確認するのです。

渉が母親に隠れて、相原に会っていた事が分かり、「スーパースプレッダーは渉かもしれない」と予期せぬ事実が明らかになりました。

一方、渉は家に厚生労働省の人達が訪ねてきて、病院に連れて行かれます。

感染源が判明する

検査で渉は相原と一緒に行った山梨でシカダニに噛まれていて、アジリティー大会に散会していた7人や他の患者の感染源が彼だと特定されました。

紐倉は「本人につたえるべきだね」と主張しますが、高家は反対して険悪な雰囲気になります。

病院にいた牧野は厚労省がスーパースプレッダーの存在を明かすと連絡を受けて、関係者が彼女の前に現れるのです。

「事実を伝えるまでです」と本人に直接説明すると聞いた牧野は自らが渉に会いに行きます。

両親を亡くして悲しむ渉は牧野を通じて、紐倉にカラスアゲを引き取ってくれるように頼みますが、彼は断るのです。

厚労省の瀬川幹夫(利重剛)が会見で感染症の事を説明しますが、ある番組では「生物兵器」と言われた渉は衝撃を受けて、病室を抜け出しました。

渉は紐倉の元に

牧野と高家は渉の家に行き、カラスアゲハがいない事に気付き急いで紐倉の元に向かいます。

渉は一足早く紐倉の家に到着して、無言のまま研究室を見て回るのです。

紐倉がある部屋に入るとカラスアゲハがいて、2人はその様子を見ていると牧野達が訪ねてきました。

牧野と高家に「来ないで」と拒み、「僕、兵器だからうつっちゃうから」と自分を責めます。

生きる事に絶望する渉を紐倉は声を掛けて、犬の影響で自らの義手になったと話をするのです。

原因は病原体だと伝えて、「こいつのおかげでお前だって触れるぞ」と渉の腕を握ります。

さらに「お前は人類の希望だ」と彼の存在を肯定して、「生きてくれて」と訴えました。

渉も紐倉の言葉が心に届き、2人は笑顔になります。

紐倉の過去が明らかに

研究所で高家が掃除をしているとウイルスに効く新薬を紐倉が作っていた事を知り、彼を見直しました。

しかし、渉に説明した義手の経緯を「嘘に決まってるだろう」と言い、「お前最低だな」と相変わらずのやり取りをする2人です。

その頃、牧野は紐倉の過去を知り、アメリカの数々の学会で除名されている事を聞きます。

一方、高家がある建物に入ると部屋で義手を外して、苦しんでいる紐倉の姿が目に入り言葉を失いました。



スポンサーリンク

【インハンド】2話の感想

高家は紐倉の下で助手として働く事になりましたが、彼の自由さに振り回されます。

それでも紐倉と行動をともにするのは彼にしか出来ないと思いました。

何も罪もない少年が感染源だとは、その事実は残酷です。

優しい高家だからこそ、紐倉の助手が務まるのです。

今回、新しいウイルスが検出されて感染ルートを探していきますが、まさか渉だったとは驚きました。

自らが原因だと知った渉の心境は相当複雑だったと思います。

その気持ちを察して、紐倉が渉の背中を押す言葉を掛けたのにはとても良かったです。

人の気持ちを理解していないようで、心に響く事を口にする彼は凄いです。

高家や牧野も変わり者の紐倉に文句を言いながらも、近くにいるのは彼の事を認めているからです。

時にはぶつかる事があっても、同じ方向を目指す3人の関係性は良いと思います。

牧野は紐倉がアメリカの学会で除名を受けている事を知りましたが、一体彼には何があったのか気になります。

これから紐倉の過去がさらに明らかになりそうです。

彼がなぜ義手になったのか、その経緯を知りたいですね!

次回はアンチエイジングを巡って、高家の身に危険が迫ります。

捕らわれた彼を救い、美容団体の真相を暴く事が出来るのか楽しみです。



スポンサーリンク

【インハンド】2話の評価評判

まとめ

紐倉が渉に掛けた言葉は素晴らしかったですね。

彼の今後の人生を後押しする大きな力になったはずです。

相変わらず3人のやり取りは良く、2話も面白いとの声が多くありました。

次回から紐倉の過去が少しずつ明らかになっていきそうです。

また、高家の身に危険が迫りますが、紐倉は助ける事が出来るのか注目です!



スポンサーリンク