2019年冬ドラマ

【初めて恋をした日に読む話】最終回(10話)のあらすじと感想評判「順子は雅志と匡平どちらを選ぶのか!?」

スポンサーリンク



ドラマ「初めて恋をした日に読む話」最終回(10話)が2019年3月19日(火)に放送されました。

ここでは、「初めて恋をした日に読む話」最終回(10話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

前回、交通事故に遭った順子は意識不明のまま入院。

匡平は順子よりも受験を優先したことで、順子に会いづらくなっていました。

匡平の東大受験の結果はどうなるのでしょうか?

そして順子の恋の行方は・・・?

【初めて恋をした日に読む話】9話のあらすじと感想評判「雅志が順子に決死のプロポーズ!」

【初めて恋をした日に読む話】最終回(10話)のあらすじ(ネタバレ)

順子の容体

順子(深田恭子)は一命は取り留めたものの意識不明の状態は続く。

警察の話では体調を崩し倒れ込んだ受験生を助けようとしてバイクにはねられたらしい。

それを聞いた雅志(永山絢斗)と美和(安達祐実)は「順子らしい」と思うのだった。

受験を終えた匡平(横浜流星)は美和に連絡し、順子の容体を知る。

病院に駆けつけようとする匡平だが、雅志が病院に来るのではなく明日の受験に備えて勉強するよう言い「順子もそう言うはずだ」と言う。

それを聞いた匡平はその日は病院へは行かず家に帰ることに。

順子が意識を取り戻す

次の日、順子は意識を取り戻す。

順子は目を覚ますや否や匡平の受験のことを心配する。

順子の意識が戻ったことを聞いた雅志が病院に駆けつけて来る。

順子は雅志に「レセプションどうだった?」と尋ねると、雅志は少し間をおいて「大成功…」と引きつった笑顔で言うのだった。

受験を終えた匡平は病院に向かっていた。

すると雅志から順子の意識が今戻ったと連絡が入る。

それをみた匡平は「今…」と呟き病院へは行かず家に帰ることにするのだった。

その頃、順子はバイクにはねられた時のことを思い出していた。

美和と西大井

順子は病院に来ない匡平のことを気にかけていた。

美和は順子から匡平に連絡するよう言うも、順子は匡平の自分への気持ちは受験という危機を目の前にした吊り橋効果みたいなもので、これをキッカケに目がさめるならそれで良いと思っていたのだ。

その頃、匡平は学校で山下(中村倫也)と話していた。

そこで山下は順子が事故に遭ったことを初めて知り驚く。

匡平はあの時順子より受験を優先したので、順子は匡平が自分のことを捨てたと思っているのではと思い会えずにいたのだった。

雅志はあの時仕事を抜け出し順子の元に駆けつけたため、ロシア行きの話は無くなりプロジェクトからも外され、部署も移動するかもしれないという状況にいた。

しかし、雅志は順子のそばに入れるから良かったと前向きに話していると、その様子を見た西大井(浜中文一)は「明日一緒にいとこさんのお見舞いに行き、八雲さんの結婚のアシストをします」と言う。

そして次の日、西大井と雅志は順子の見舞いに行き、そこで西大井は美和と遭遇。

西大井と美和は驚き、そこで自分たちが繋がっていたことを知り、お互いがお互いに嘘をついていたことを知るのだった。

美和と一緒に病室に来た山下は匡平が無事試験を受けたことを伝える。

西大井は雅志がロシア行きの話を蹴り左遷されてまで順子の元に駆けつけたことを順子に話す。

それを聞いた順子は雅志に対して申し訳ない気持ちになりながらもそれほど自分のことを思ってくれている雅志のことを考えるのだった。

順子と雅志

匡平は高校で卒業式を迎えていた。

式の後、山下は匡平に順子の見舞いに行き順子が「よく頑張った」と言っていたことを伝える。

その後、美香(吉川 愛)と遭遇した匡平は合格したら改めて順子に告白しようと思っていることを話すも「その後どうするの?どうやって養うつもり?」と問いかける。

匡平は美香の言葉が心に刺さるのだった。

その頃、順子と雅志は二人で話していた。

順子はこれまで雅志がいたから色々頑張れ救われたと話す。

そして雅志のことは好きだが恋愛の好きではないと言い、順子は雅志を振るのだった。

順子は退院し帰宅し、母親と話していた。

そこで子育てを失敗しひどい親だと自分のことを卑下する母に順子は「ひどい親だが、お母さんの子育ては成功したよ、今幸せだから」と感謝を伝えるのだった。

合格発表

合格発表の日、順子が出勤すると牧瀬が塾で働いていた。

そして順子は塾長から正規の講師として働いて欲しいと頼まれるのだった。

そして塾では生徒たちの合格を講師全員で願うのだった。

その後、塾には次々と生徒たちがやって来て各々講師たちに受験の結果を報告していたが、匡平はなかなか報告に来ない。

その日の夕方、匡平は順子の元にやって来て東大に合格ことを報告。

「結婚しないでくれ」と言う匡平に順子は匡平のことが好きだが、生徒と塾講師の関係の一線を越えてはいけないと自分を律し、雅志と結婚すると嘘をつき匡平のことを振る。

そして順子は「バイバイゆりゆり」と言い残し去っていくのだった。

4月になり

匡平は大学で入学のガイダンスを受けていた。

順子は生徒に授業をしながら匡平との授業のことを思い出していた。

匡平はいつも勉強していたカフェで雅志と遭遇。

そこで匡平は雅志に順子との結婚について尋ねる。

雅志は驚きながら咄嗟に「年内に結婚するつもりだ」と嘘をつく。

それを聞いた匡平は「良かったです。とられるのが八雲さんで」と言い残し雅志の元を去るのだった。

その後、雅志は順子に電話し、匡平にも自分にも失礼だと叱り電話を切る。

電話の後、順子はそうでもしないと自分の匡平への気持ちを抑えきれなかったと思うのだった。

真実を知る匡平

数日後、順子は山下と会って話していた。

そして順子は匡平と連絡は取っておらず、雅志との結婚も断り一人だが、真っ当な大人になれた気がすると話すのだった。

匡平は部屋で受験の参考書を片付けていると山下から着信が。

そこで山下は順子が雅志と結婚しないことを明かす。

それを聞いた匡平は順子の元を訪ね「俺のこと好きか?」と尋ねると、順子は「はい、でも付き合うことはできない」と言う。

そして「自分の人生がまだ見つからない人と生きていくには私は歳をとりすぎている」と言い、もし匡平と付き合い5年後10年後振られたら東大に落ちた時よりも傷付きそれに耐えられる自信がないと話す。

納得できない匡平だが涙を流し順子を抱きしめ「さよなら春見先生」と言い去っていくのだった。

順子の本当の気持ち

美和と西大井は婚約し、美和と西大井の婚約パーティーが開催されていた。

雅志や仲間たちが多く集まる中、匡平は忙しいと言う理由でパーティーには来ていなかった。

思いつめた様子の順子を見た美和は匡平と何があったのか問い詰める。

すると順子はみんなに匡平と何があったのか打ち明ける。

そこで順子はこれまでの自分の気持ちは間違いだったと思い直す。

数日後、順子は匡平に会うため大学へ。

そして順子は正気さ時期な気持ちを匡平に伝え、二人は付き合うことを決めキスをするのだった。



スポンサーリンク

【初めて恋をした日に読む話】最終回(10話)の感想

順子は匡平のことは好きだという気持ちを持ってたが、塾講師と生徒という関係性や、年齢差などがネックとなり匡平とは付き合ってはダメだと自分を律していました。

途中、順子が「好きだけど付き合えない」と匡平に告げ、それを受けた匡平は納得できないながらも順子の思いを尊重し涙を流しながら「さよなら」と別れを告げる場面は、順子の気持ちにも共感できるし匡平の納得できない気持ちにも共感でき胸が痛くなりました。

しかし、周りの人達の助言などもあり最終的には順子は自分の気持ちに正直になり匡平と結ばれる結果になったので良かったなと思いました。

ツイッターの反応を見ても順子と匡平を祝福するコメントが多く、みんなが納得するラストだったんだなと感じました。

順子から気持ちを伝えられ振られてしまうも素直に身を引く雅志がカッコ良くて、早く雅志にもいい人が早く見つかればいいのにな思いました。

山下が要所要所で登場し、横道に逸れそうになる順子や匡平の軌道修正を行うナイスアシストが印象的で、裏で順子と匡平のストーリーを操ってる感がありました。

またそれぞれ嘘をついていた美和と西大井も順子の見舞いをキッカケに正体がバレることになるも、それによって愛が深まり最終的には婚約していたので良かったです。



スポンサーリンク

【初めて恋をした日に読む話】最終回(10話)の評価評判

まとめ

順子は最終的に誰と付き合うのだろうかと毎話ワクワクさせられ、時に順子の鈍感さや回りくどさにイライラさせられながらも楽しんで観ることが出来ました。

最終的には、山下は自分の進む道を決め進み始め、雅志は順子に振られてしまうも気持ちの整理がついた様子で、そして順子は自分の気持ちに正直になり匡平と結ばれハッピーな感じで終わったので良かったです。

視聴者からはロスになるという声や続編を期待するツイートが多く書き込まれているようで、もし続編があれば是非観てみたいです。



スポンサーリンク