2019年冬ドラマ

【後妻業】最終回(9話)のあらすじと感想評判「小夜子(木村佳乃)が殺される!?」

スポンサーリンク



ドラマ「後妻業」第9話が2019年3月19日(火)に放送されました。

ここでは、「後妻業」第9話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

前回の8話では、舟山(中条きよし)から殴られた小夜子(木村佳乃)の代わりに、かたきを撃った柏木(高橋克典)ですが、翌日舟山の息子(松尾諭)が乗り込んできます。

そして後妻業をネタに3千万円の金をゆすられる柏木。

一方、殺人と柏木とをつなぐ証拠を手に入れた本多(伊原剛志)は…。

【後妻業】8話のあらすじと感想評判「ついに本性を現した舟山(中条きよし)!」

【後妻業】9話のあらすじ(ネタバレ)

朋美(木村多江)が離婚したことを知った本多(伊原剛志)は、ホテルで柏木(高橋克典)と朋美を見たと言います。

柏木と関係を持ったのか聞かれた朋美は、何もなかったと説明。

それを聞いて安心した本多は、柏木と殺人とをつなぐ証拠を見せます。

「これで柏木から金をふんだくり、小夜子(木村佳乃)とは縁を切れる」と話す本多に戸惑う朋美。

次の日、柏木を訪ねた本多は、練炭や注射器を購入した時のレシートを見せ、「証拠を金で買い取ってほしい」と3千万円を要求する本多。

すると柏木が、本多にある話をもちかけました。

本多が警察時代に追っていたヤクザの弱みを握っている柏木。

ヤクザから一億円ふんだくり、ヤクザは警察に捕まえてほしいと頼みます。

そのために本多の警官時代の後輩に手を貸してほしいと持ち掛ける柏木。

少し考えた本多は、この話にのることにしました。

そして柏木は舟山(中条きよし)の息子(松尾諭)に電話をかけ、一億円用意するよう脅し返します。

ヤクを売っている写真と、敵対するヤクザの事務所と手を組んでいる証拠の写真を博司(葉山奨之)に撮らせていた柏木。

もしこの写真が警察や親分の手に渡れば、舟山の息子はいっかんの終わりです。

舟山の息子は金を用意することを約束し、一週間後に金を渡すことを約束しました。

小夜子の告白

小夜子は朋美に電話で「会って話したいことがある」と伝え、「今度こそ、本当のことを話す」という小夜子。

小夜子のマンションに来た朋美に、見せたいものがあると小夜子は自分の通帳を見せました。

そこには児童養護施設に金を寄付していた記録が残っています。

親の愛情を知らずに育ち、一人でも多くの子供を救いたかった小夜子は、朋美の父・耕造(泉谷しげる)を殺していないと言います。

耕造に注射をしようとしていた小夜子ですが、手が震えてできませんでした。

すると「自分でする」と耕造が自分で注射器をさし自殺したと説明。

今まで一人も殺さずにきたと話す小夜子。

そして舟山に騙され、今度は舟山の息子から金をふんだくられそうだと打ち明け、「一緒に悪党から、金をふんだくろう」と小夜子は持ち掛けます。

1億円を奪う

約束の日、1億円をもって待ち合わせの倉庫に来た舟山の息子。

そこへ警察が駆けつけ、逮捕されます。

本多の後輩の警察の手も借りて、どさくさに紛れて1億円を奪った本多と柏木。

この日の夜、博司が小夜子のマンションを訪れて、小夜子のことを母親だと知っていると告白。

小夜子から「産むんじゃなかった」と言われ、逆上した博司が首を絞めて動かなくなる小夜子。

パニックになった博司は、柏木に電話をかけました。

飛んでやって来た柏木は、小夜子が死んだふりをしているのに気が付きます。

小夜子をキャリーケースに入れ、車のトランクに入れようとしていると警官が通りかかりました。

警官を見た博司は腰を抜かし、柏木は博司に逃げるよう促します。

走って逃げる博司。

博司の姿が見えなくなると、いそいでトランクから小夜子を出し、柏木はどうして死んだふりをしていたのか尋ねます。

舟山の息子を騙して金をとった小夜子は、ヤクザを敵にまわし、博司まで巻き添えをくわないよう、博司の前から姿を消すつもりでした。

そして小夜子は東京に住むことにします。

後日、東京でクルージングを楽しむ小夜子、柏木、本多と朋美。

柏木は「これからもよろしく頼むで」と、小夜子と後妻業を続けていくことを宣言するのでした。

ここでドラマは終わりです。



スポンサーリンク

【後妻業】9話の感想

小夜子と朋美、最後に笑うのはどちらか…と思っていると、何と最後は二人で手を組んでヤクザから金をふんだくっていました。

しかも絶対に仲良くなれないと思われた柏木と本多も協力して、予想外の展開に驚きです。

本多の警察時代の後輩の力を借りて、まんまと金が手に入った柏木たち。

本多からもヤクザからも脅されていた柏木にしてみれば、一石二鳥です。

朋美に話した小夜子の話はなんとも胡散臭く、全部嘘かもしれません。

これからも柏木と東京で後妻業を続ける小夜子。

この二人は全く懲りていません。

博司に殺されかけて、キャリーケースにスッポリ入ってしまった小夜子。

息子に殺されかけて、しかも小さなカバンに押し詰められた小夜子は、もう踏んだり蹴ったりです。

でも金が手に入りご機嫌の小夜子は、柏木とラブラブのようで幸せそうでした。

朋美も本多と上手くいっているようで、この先も幸せが続くと良いなと思いました。

最後まで何が本当で何が嘘か、ドキドキすることも多く、そこがこのドラマの良さだったと思います。

最後に小夜子のマンションのごみ箱に捨てられていた通帳と注射器。

やはりすべてが小夜子の作り話だったのかと、一杯食わされた感じです。

結局、小夜子が何に金を使っていたのか、金の使い道がわからないままです。

もしかすると続編があるかもしれません。

今度は場所を東京に移して、後妻業をする小夜子を見てみたいです。



スポンサーリンク

【後妻業】9話の評価評判

ドラマ【後妻業】の見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ「後妻業」は、放送から一週間以内の場合、Tverやカンテレドーガで無料視聴することができます。

Tverで無料視聴する

カンテレドーガで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、U-NEXTで1話分無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【後妻業】最終回(9話)を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!(3月19日放送分)

まとめ

どんでん返しの展開に、最後までハラハラドキドキさせられっぱなしでした。

しかし最後は小夜子も朋美も女性としての幸せを掴むことができて、めでたしめでたしです。

次回は、東京での小夜子の後妻業を楽しみにしています!

https://koiuso.jp/gosaigyo-9-watching/



スポンサーリンク