2019年夏ドラマ

【監察医 朝顔】7話のあらすじネタバレと感想!美魔女vs朝顔、また母の遺品は?!

スポンサーリンク



ドラマ「監察医 朝顔」第7話が2019年8月26日(月)に放送されました。

ここでは、「監察医 朝顔」第7話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応を紹介していきます。

監察医としてベテランになっている朝顔(上野樹里)に、法廷で解剖結果を証言する機会がやってきます。

普通に真実を述べればいいだけの立場なのに、警察からも被疑者からも“圧”がかかってしまい、窮地に陥る朝顔。

また、仙の浦で発見された“手袋”も気になるところです!

ドラマ【監察医 朝顔】動画の見逃し配信はこちら!無料で1話から最新話まで視聴する方法ドラマ「監察医 朝顔」を見逃しても無料で全話視聴できるサービスを紹介します。初回の方は、登録しないと損なサービスです。...

【監察医 朝顔】7話のあらすじ(ネタバレ)

朝顔の母の手がかり

朝顔(上野樹里)は万木平(時任三郎)に、母・里子の手袋が見つかったことを電話で伝える。

「中に白いものがあった」と聞き、フリーズしてしまう平。

急いで帰ってきた朝顔と入れ替わりに、仙の浦に駆け付けるのは平だ。

休みを取る旨、山倉伸彦係長(戸次重幸)に報告し、「朝顔とツグミを頼む」と桑原真也(風間俊介)に言いおいて、出発していく。

朝顔の出廷

翌朝、真也は朝顔が裁判で証言する日だと気づく。

「こんな時だから仕事に集中する」とスーツ姿の朝顔だ。

今回は立て続けに富豪の夫を亡くした美魔女・白川被告の裁判だ。

夫の被害者について、解剖の再鑑定の結果を証言する役目が朝顔に回ってきたのだった。

「出廷は法医あるある」という話もあるが…。

「何度やっても慣れない」と石田季子検事(山本未來)に打ち明ける朝顔だ。

安岡光子(志田未来)と高橋涼介(中尾明慶)も傍聴席に来ていた。

「10億の遺産を受け取った美魔女」とマスコミに注目されている白川亜里沙被告(有森也実)は、かなり挑発的な態度だ。

駆けつけた丸屋大作検視官(杉本哲太)に「警察の威信がかかっている、必ず有罪に」とプレッシャーをかけられ、朝顔は出廷する。

・ ・ ・

証人尋問。

宣誓をする朝顔は冷静だ。

最初の東横大の鑑定結果「胃腸炎からくる誤嚥、窒息死」つまりは病死について、再鑑定した結果を述べる。

・慢性的な胃腸炎は間違いない
・胃腸炎の治療を受けていたことも事実
・爪から金属によるアレルギー反応
・組織の再検査から水銀が検出 …と語っていく朝顔。

朝顔の証言をふまえ、石田検事が「水銀が死因ですか?」と質問する。
すかさず誘導尋問だと、弁護士から異議が入る。

「水銀は解剖の通常の検査項目にはない」と朝顔が検体の話を始めると…。

弁護士に耳打ちした白川被告が、突然話を遮り、苦しみだす!

裁判は休廷となってしまう。

・ ・ ・

光子と高橋が法医学教室に戻る。

TVではワイドショーが『白川被告の口撃・検察側と前面対決へ』と銘打って、ピンピンしている白川の大暴れを報じている。

「法医の小娘見てる?!」と朝顔の偽証罪を叫ぶ被告だ。

光子は、朝顔が冷静だったと夏目茶子(山口智子)に報告するのだった。

苦悩の平

仙の浦震災復興センターに、夜明け前についた平。

免許証を身元確認に見せ、変色した手袋を受け取る。

確かに朝顔のもの…里子がおさがりにしていた手袋だった。

「間違いありません」と平、
「そうですか、良かった」と係の人。

中にあったご遺骨は警察で鑑定中、明日には朝顔のDNAとの照合結果が出るとのこと。

“8/13 内川橋 西詰橋脚付近”とのタグを見て、平は早速発見現場に行ってみる。

草を刈り、捜索を始める平のもとに、里子の父・朝顔の祖父の嶋田浩之(柄本明)がやってくる。

無言で、機械で草刈りを手伝うのだった。

夜になっても頭にライトをつけて、探し物をやめない2人。

平は珍しく、義理父の家に泊まることになる。

仏壇に座る浩之、道具を手入れする平だ。

法廷で冷静な朝顔、失態を見せる被告

帰宅した真也は朝顔を心配する。

いつも通り振舞い、真也にお風呂を進める朝顔。

しかし、つぐみが寝ると、「ちょっと怖い、もしお母さんだったら」と言いつつ、1番にはこれから平がどうなるのかと懸念するのだった。

・ ・ ・

翌日の裁判所前は大騒ぎだ。

マスコミにたかられる朝顔を、光子の笛と高橋が遮り、救い出す。

法廷で、余裕で扇子を使う白川被告。

弁護士の質問では、東横大学鈴木教授という法医学の権威の鑑定結果を否定するには朝顔が未熟だと指摘してくる。

冷静に応対する朝顔。

・日本では再鑑定は普通に行われていて、異なる鑑定結果が出るのも普通であること。
・水銀中毒を伝え、快く提出された検体・各臓器から水銀が検出されたこと。

グラフを見せての説明に、弁護士が反論する。

被害者・池内氏の銀歯には水銀含有のアマルガムが使われていた、証言は印象捜査だというのだ。

朝顔の反論。

・アマルガムは混合物なので水銀流出は微量、人が死ぬ量になることはない
・今回の中毒症状は急性ではなく慢性で、無味無臭の水銀を少量ずつ摂取していること
・腎臓にその症状が確認できること

「よって、病死ではなく慢性水銀中毒による中毒死です」と、朝顔は明言する。

「摂取期間が証明できていない」と、苦し紛れに弁護士が吠える。

「ペラペラペラペラと偉そうに!」と被告人も暴言を吐く。

「証拠がないなら私の勝ち」などと叫ぶのを裁判官が諌めていると…。

突然、丸屋検視官が朝顔に資料を届けに来る。

検事が最終尋問を求め、朝顔が読み上げたのは…。

被害者の枕についていた、毛髪の鑑定結果だった!

毛髪から検出された水銀から、3ヶ月間水銀を摂取していたことが判明。

「被告が再婚した時期と一致しましね」と石田検事がまとめる。

被告の実家からは、防腐剤、しかも致死率の高い塩化第2水銀を含むものが見つかっていた。

重なる証拠に、「小娘、あんたのせいだ!あんたも殺してやる!」と暴れ、退廷を命じられる被告だった。

検察側の勝利は間違いない!

検事にお礼を言われ「自分の仕事をしただけです」と朝顔。

石田検事のファンらしい、満面の笑みの丸屋検視官をおいて、退出する朝顔だ。

仙の浦の鑑定結果

鑑定結果を受け取りに行った平。

朝顔に電話がかかる。

「お母さんじゃなかった、違っていた」と平の一言。

鑑定結果には「生物学上の母親ではありません」の文字が並んでいた。

今晩戻るという平を、心配する朝顔だ。

今日も捜索で掘り起こしている義理父・浩之に、平は結果を伝える。

何も言わない義理父。

しかし、荷物をまとめた平に、珍しく話しかけてくる。

…いずれこのあたりもコンクリートで固められる
…諦めていたが、やっぱり里子に会いたい
…次来るときは連絡しろ。

「はい」とだけ答える平だった。

前に進む人たち

「予算委員会、惨敗です」と茶子先生。

「母ではありませんでした」と報告する朝顔。

「そうですか」と、いつものように優しく言う茶子先生は、どなたのご遺骨だったのかなと呟く。

一方県警への出世を激励されて、みんなに拍手で花束をもらう真也。

親子3人で、オムライスの夕食だ。

・ ・ ・

1人車で戻る平の助手席には、里子の手袋がある。

運転しながら涙が止まらない平は…一時停止して存分に男泣きするのだった。

平の帰りを待っていた真也と朝顔。

平が渡した手袋を見て、朝顔は当時のことを思い出す。

中のご遺骨は、ご近所のミズエさんだった。

里子が助けに帰った商店の奥さんで、やはり行方不明扱いだった人だ。

寒い日だったので、手袋を貸してあげたに違いない。

「お母さん最後まで優しい人だったね」と、泣きながら少し笑う朝顔。

「そうだな」と平も泣き笑いで答えるのだった。

・ ・ ・

眠れない朝顔を真也が心配する。

県警への異動について「おめでとう」と言う朝顔に、「朝顔、よく我慢したね」と真也。

「お父さんの前だったからでしょ」と、もう泣いていいことを伝える。

真也の優しさを受けて、泣いてしまう朝顔だ。

・ ・ ・

朝。

今日も朝ご飯は、真也が準備。

つぐみも手伝い、朗らかな4人の朝だった。



スポンサーリンク

【監察医 朝顔】7話の感想

今回は、朝顔の裁判のパートと、仙の浦での平のパートが交錯して、目の離せない展開でした!

結局裁判は朝顔のおかげ(?)で検察の勝利、一方手袋と一緒に見つかったご遺骨は、朝顔の母のものではありませんでした。

手袋を渡す係の人が「よかった」と平に声をかけた時には、若干戸惑いましたが、遺品が見つかった際の挨拶としては妥当なのでしょうか。

しかし、遺品は見つかったけれどご遺骨は別人だったというのは、平たち遺族にとっては一番つらいことですね。

同行者が亡くなったのだから里子も…と思いつつ、確信して諦めるには決め手がないわけです。

そんなことを視聴者に伝える、平と朝顔の静かな涙でした。

救いだったのは、真也が朝顔の涙をこらえている様子に気づいてくれたこと、朝顔の祖父の嶋田浩之が、平と話をしてくれるようになったことですね。

久しぶりにしっかり話をする浩之が、震災遺族の悲哀を語る姿には、「私たちも忘れてはいけないことだ」という思いが改めて湧いてきました。

一方、法廷の方は一見丁々発止のようで、意外にコミカルでしたね!

ありえないくらい肝の座っていない被告人・白川(有森也実)と弁護士の態度が、あからさますぎて苦笑いしてしまいました。

淡々と法廷と遺品の問題を切り抜けた朝顔の、静かな調子が引き立つ、いい怪演でした!



スポンサーリンク

月9ドラマ【監察医 朝顔】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から一週間以内の場合、TverやFODで無料視聴することができます。

Tverで無料視聴する

FODで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、FODプレミアムで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【監察医 朝顔】7話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【監察医 朝顔】7話の視聴者の反応

まとめ

なんとも焦れったい、手袋の発見でした。

ところで、細かいことでいくつか。

丸屋検視官が思し召しの石田検事役は、山本寛斎を父に持つ山本未來でした!

以前「SUITS/スーツ」では敏腕の畠中弁護士役をやっていましたし、こういうキリッとした役回りが似合う女優さんですね!

また、朝顔が『万木』のままで仕事しているのも、おおっ!って思いました。

門扉には『桑原』とあったのですが、夫婦別姓とか…?

裁判所で旧姓あるいは仕事名で証言って、アリなんでしょうか。

・ ・ ・

さて次回は、突然死ながら死因不明になりそうなご遺体の調査です。

素敵に大人数の夕食会が万木家で行われた様子の予告も、気になりますね!



スポンサーリンク